活性酸素(フリーラジカル)を除去して老化防止

この記事の所要時間: 255

活性酸素

活性酸素(フリーラジカル)は、体内で細菌と戦って除去してくれる働きがありますが余分に発生した活性酸素は生活習慣病の原因と言われています、生活習慣病の他にも老化の原因とも言われております。活性酸素がどの様に老化の原因となっているかを纏めてみました。

活性酸素

活性酸素とは、主に体内に侵入した細菌などを取り除く働きがあり、白血球やマクロファージなどの「免疫機能」の一部として体内に侵入した細菌などから体を守ったり酵素の働きを促進する効果もありますが、この活性酸素が増え過ぎてしまいますと逆に今度は自分の体の細胞も傷つけたり、酸化(体がサビつく)させてしまうことが近年になりわかってきました。この活性酸素は普段から体内で作られており、人間が呼吸で取り入れた酸素(1日あたり500ℓ以上の酸素)のうち、約2%ほどが活性酸素になるそうです。また活性酸素の発生原因は呼吸以外にも紫外線、大気汚染、化学物質、電磁波、農薬、ストレスなど、様々な環境因子や偏った生活習慣が体内の活性酸素を増やすことが分かっています。活性酸素に体が攻撃されることによって様々な生活習慣病の原因になります。活性酸素(フリーラジカル)が原因となる病気

生活習慣病の他にも活性酸素は老化にも大きな影響を与えております。

活性酸素が老化の原因

活性酸素が老化の原因とされるのは、細胞や遺伝子を攻撃してしまうことです(からだがサビつく)。人間の体は約60兆の細胞で構成されており、その細胞の外側にある細胞膜は不飽和脂肪酸で作られています。不飽和脂肪酸は活性酸 素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、この事によって細胞が老化してしまいます。人間の体に限らず食べ物なども酸化します。

鉄などは酸素に触れていると酸素と結びついて酸化(サビ)します。食べ物で分かりやすいのはリンゴを切って置いておくと茶色く変色してきます。これも酸化です。

特に老化を影響受けやすいのが肌です。肌は活性酸素の原因ともされている紫外線を浴びているからです。紫外線その物は肌を老化させているのでは無く、紫外線によって作られる活性酸素が原因なのです。

紫外線は人体にとって有害な物質をたくさん含んでいる光線です。紫外線を皮膚に浴びると、その害から肌細胞を守ろうと防衛能力が働き、たくさんの活性酸素が生み出されてしまいます。その結果、活性酸素の作用で肌細胞は酸化(サビつく)させられます。細胞にとっての酸化は老化に繋がります。紫外線で肌が老化するというのは、活性酸素が大量に作られて酸化させられるという意味なのです。

肌が酸化させられることによって発生するのがシミです。このシミは人間が持っている自己防衛システムで活性酸素によるダメージをメラニンが引き受けてくれているからなのです。シワも活性酸素が原因で発生します。活性酸素が増えると、お肌に潤いを与えてくれている成分であるコラーゲンやエラスチンも酸化すると肌の性質が変化してしまい、若々しいお肌に特有の弾力が失われてしまいます。潤いがなくなり、ハリもなくなり、シワができやすくなります。強い紫外線を浴び続けて酷くなると皮膚がんのリスクも高まります。

まとめ

紫外線は活性酸素を作る原因でもあります。健康のためにある程度は太陽の光を浴びた方が良いのですが、紫外線の強いところなどでは必要以上に紫外線を浴びてしまうので注意してください。特に雪や海辺では照り返しによっても肌がダメージを受けます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)