スーパーフード:チアシードの栄養価と食べ方

この記事の所要時間: 351

チアシード

今話題のスーパーフードチアシード!ドラッグストアや健康食品売り場などでもよく見かけるようにもなってきたスーパーフードです。特にチアシードは目にすることが多いと思います。チアシードの食べ方、栄養価を纏めてみました。

スーパーフード

話題のスーパーフードですが、ここ最近ではスーパー、ドラッグストア、健康食品売り場などでも目にするようになったスーパーフードですが、何って方も多いかと思います。そもそもスーパーフードとは、一般的に”抗酸化力”のある自然食品の事で、豊富な”有効栄養成分”や”低カロリー”や”メディカルハーブの要素”がある食品で有効栄養成分には人間の体内で作り出せない”必須栄養素”(必須アミノ酸等)が含まれています。始まりは1980年代頃のアメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して”スーパーフード”という言葉が使われはじめ、アメリカでは2000年頃からロー・リビングフードといった低温調理法がブームになり、この調理法がスーパーフードの含有成分を活かすために最適であることから、ロー・リビングフードを取り入れてる人達の間でスーパーフードが人気になりました。実際スーパーフードには定義が無く、一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品と言われています。

スーパーフードとその種類①

スーパーフードとその種類②

チアシード

特にスーパーフードの中で人気や注目を浴びて比較的に店頭でも入手しやすいのがチアシードかと思います。チアシードとは、見た目は直径2ミリ程の黒ごまみたいな種ですですが、シソ科サルビア属ミントの一種でおもにメキシコなど南米で栽培されている果実の種です。古代時代においてはマヤ・アステカでは大切な食料源の1つでもあり栽培は16世紀くらいまで続いていましたが、スペインに占領されてからは栽培が禁止されていたようです。アはマヤの言葉で強さ、ちから(力)を意味し、シードは種を意味しますので、強さの種としてアステカの戦士たちは、チアシードをスタミナ源や薬用効果なども期待されて使われていました。そもそもチアシードが注目される理由はスーパーフードという事で栄養が高い事です!

栄養価

その栄養価は、チアシード大さじ1(12g)に含まれる栄養は、58カロリー、たんぱく質2g、食物繊維4.1g、カルシウム76mg、マグネシウム40mg、亜鉛0.55g、鉄分0.93mg、オメガ3脂肪酸(ALA)2.14gあります。特に食物繊維が豊富(12gで4.1gも!)で現代人にはもってこいの食物繊維の量です。他にもオメガ3脂肪酸のαリノレン酸量が豊富で(12gで2.1g)と比較的多く含まれています。オメガ3系脂肪酸に加えチアシードにはビタミンEと結びつき老化を遅らせるセレニウムやポリフェノール類などの抗酸化物質が多くふくまれているので抗酸化作用も高いです。カルシウム鉄分亜鉛マグネシウムも豊富です。更にアミノ酸も含んでおりアミノ酸必須アミノ酸9種類中、8種類に必須アミノ酸を含む、18種類のアミノ酸をも含んでいる優れものです。アミノ酸は人間の体を作る重要あ成分でもあります。

これら成分のおかげで、生活習慣病、老化予防、疲労回復、脳機能向上、便秘、ダイエット、美肌つくり等に深く関係しており効果をもたらします。

チアシードの食べ方

このゴマみたいな小さなチアシードは、無味無臭と言うのも特徴で食べ方は比較的簡単です。ポイントとしては、チアシードを水(10-42度ぐらい)に12時間ぐらい浸しておくことが大事です。浸す理由もあり、水に浸さないと、発芽毒を無毒化できないため水に付けておく必要があります。浸しておくチアシードの周りが透明なゼリー状になります。このゼリー状はグルコナンマンと言われる食物繊維でコンニャクにも含まれています。このグルコナンマンはダイエットに持って来いで食欲を抑える働きや、糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。1日の摂取量目安として10-12g程度が良いとされています。余り摂り過ぎるとカロリーオバーとなってしまうので注意が必要です。水に浸した終えたチアシードはヨーグルトに入れたりサラダに掛けたりと無味無臭なので自由にアレンジして使えます。

まとめ

栄養価高いチアシードはダイエット食にもなるので栄養をとりながらダイエットもできるのでうれしい限りです。話題のスーパーフードを始めるのはどうでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加