お肌に良いヒアルロン酸を含む食品と効果・効能

この記事の所要時間: 432

Beauty portrait

お肌に良いと言われているヒアルロン酸。女性には嬉しいヒアルロン酸を多く含む食品もあります、ヒアルロン酸を多く含む食品を摂取して内側から美肌効果を得ることもできます。ヒアルロン酸の効果・効能とヒアルロン酸を多く含む食品を纏めてみました。

セラミドの肌へ効果とその種類

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、もともと人の体内(皮膚や関節・目・脳など)に存在するゼリー上(ネバネバした)の成分でムコ多糖類一つです。詳しく言うとN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とによって構成された高分子の物質です。

ヒアルロン酸の注目すべき働きは、水分を保持する能力(保水力)で、その保水力はヒアルロン酸1gで水6リットルと言われており非常にたくさんの水を蓄える事が出来ます。人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸がどれだけ重要かも伺えます。ちなみにヒアルロン酸が発見された眼球の中身は水分が99パーセント含まれており、これだけ多量の水分が維持できるのもヒアルロン酸があるからです。他にもヒアルロン酸は重要な働きがあり、人間の体は無数の細胞から成り立っているのですが、この細胞同士をくっつけ合い勝手に細胞がバラバラに移動しないようにしている”結合組織”の主成分でもあるのです。この重要な成分も残念なことに加齢と共に減少する性質があります。体内のヒアルロン酸量は、20歳をピークにどんどんと減少し続けますが、40歳代からはその減少スピードが急激に速まります。60歳代になると体内のヒアルロン酸の量は、20歳代の半分以下にまで減少していまいます。ヒアルロン酸の減少は、肌のみずみずしさを著しく低下させるだけではなく、肌のハリも低下させ乾燥肌やシワ、シミ形成の原因ともなり、肌だけに限らず、体の様々な器官で水分調整ができずに老化現象が始まり、関節痛や動脈硬化といった病気を引き起こす原因にもなります。

ヒアルロン酸を多く含む食品

人間の体でヒアルロン酸を多く含む箇所は、皮膚、眼球、軟骨で動物も同じことなので、ヒアルロン酸が多い食品は、鶏の軟骨、鶏手羽、鶏の皮、トサカ、豚足、鮭、カレイ、魚の目、フカヒレ、すっぽん、うなぎ、豚足には豊富に含まれています。また動物以外にも含まれており、もずく、てんぐさ、海ブドウ、めかぶ、納豆、オクラ、山芋(ネバネバ系ですね)にも含まれています。しかし吸収されにくい問題があります。それは食品にふくまれているヒアルロン酸は分子量が非常に大きいため腸から吸収されにくい状態です。熱にも弱いため加熱調理(加工や調理は40℃までで行わないと成分が破壊)によってヒアルロン酸の持っている効果や効能が失われてしまいます。その為、普段の食事では中々補うことが出来ない成分でもあります。ですのでサプリメント等での摂取が良いとも言われております。

ヒアルロン酸の効果・効能

  • 目の潤いを保つ効果

ヒアルロン酸は目に多く含まれている成分でもあります。ヒアルロン酸は保水力が高く粘り気のある成分のため、ヒアルロン酸を補うことによって涙を角膜の表面につなぎとめ、乾燥を防ぐ効果があります。ドライアイの予防や改善効果がある成分として点眼薬にも利用されています。

  • スキンケア・美肌効果

ヒアルロン酸と聞いて思いつくのは肌に関することだと思います。ヒアルロン酸の高い保水力が肌の潤いを保ち、ハリと弾力のある肌をつくり出します。皮膚は、外側から表皮・真皮・皮下組織の3層からなり、ヒアルロン酸は、真皮に含まれている成分です。潤い成分であるヒアルロン酸を補うことによって、弾力性のある肌を維持し、シワやたるみを予防することで、みずみずしく、若々しい印象の肌を保つことができます。

  • 関節の動きをなめらかにする効果

ヒアルロン酸は、関節と関節の間のクッションである軟骨にも含まれており、ヒアルロン酸は軟骨を形成し、スムーズな動きを手助けすることによって、痛みを和らげる効果があるといわれています。

  • 生理痛、更年期障害を改善

生理とは、妊娠に備えるために子宮で作られた子宮内膜がはがれ落ちて、血液と一緒に排出されることです。ヒアルロン酸には、卵巣の働きを助け、生理痛を改善する効果が知られています。また、女性ホルモンの分泌を正常にする効果もあるため、突然の動悸や発汗、イライラ感などの更年期障害を改善してくれます。

  • 動脈硬化予防

ヒアルロン酸は、血液中にもあるため、血管が硬くなるのを防ぐ効果があります。血管が硬くなると血管の柔軟性がなくなり、血管が詰まったり破れやすくなり脳こうそくや心筋こうそくなど原因に繋がります。

  • 活性酸素除去

ヒアルロン酸は、生活習慣病の原因の1つである活性酸素を、取り除く効果があり、活性酸素を除去することによって様々な病気から体を守ってくれます。

  • 全身に栄養を届ける効果

ヒアルロン酸は、体の細胞を結びつける働きだけでなく、全身を水分で満たし体の隅々まで、栄養を届ける効果があります。このため、細胞の老化を防ぐ効果があり、。その結果、ガンの予防にもつながる研究機関から報告されています。

まとめ

ヒアルロン酸は加齢とともに減少してしまう上に、普段の食生活からでは吸収しにくい為、サプリメント等での吸収が効率よいとされています。肌や関節が気になる方は積極的に摂取するのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加