エゴマオイル(えごま油)の効能でダイエット効果!

この記事の所要時間: 254

rinoren-300x300

最近話題で売り切れ続出のエゴマオイルえごま油)、エゴマオイル(エゴマ油)には身体に良い様々な効果効能があり、その一つにダイエット効果もあります。エゴマオイルでダイエット!?と驚くかもしれませんが、エゴマオイルの効果、効能を纏めてみました。

エゴマオイル(えごま油)

最近人気の高い、エゴマオイル(えごま油)のえごまとは、ゴマとは全く関係なく、大葉などと同じシソ科の一年草で東南アジア原産が原産とされています。日本では種から油を取るために古くから栽培されています。シソ科であることから、別名、”シソ油”や”じゅうねん”や“あぶらえ”とも呼ばれています。見た目はシソと同じですが、シソより一回り大きいのが特徴でもあります。主に食用油として使われていますが、他にも印刷用インクや油紙などの防水などにも使われています。

エゴマオイル(えごま油)の特徴としては、α-リノレン酸が豊富に含まれていることです。このα-リノレン酸は、植物油の主成分で、必須脂肪酸の一つで、必須脂肪酸とは人間に不可欠な栄養素で、体内で作る事が出来ないため食品などから摂取する必要がある脂肪酸です。

α-リノレン酸

α-リノレン酸は、多価不飽和脂肪酸であり、体の中で作り出すことができない。n-3系の必須脂肪酸に分類され、このα-リノレン酸は、様々な効果があり、高血圧症の発症を予防したり、アレルギー疾患を改善する働きが期待され、心臓血管により発症する疾患を予防効果があるされています。他にも脂肪の分解や蓄積抑制、悪玉コレステロールを抑制する効果もありますが、過剰摂取は免疫力を下げたりします。

注意点しては、α-リノレン酸は熱に弱く、熱を加えると壊れやすいため、加熱をしないのをお勧めと、古くなって酸化した油も使わないことをお勧めいたします。

エゴマオイルでダイエット

エゴマオイル(えごま油)、油を摂取して減量ができるのかと思う人もいるかもしれません。エゴマオイルでダイエットをするのは、日々食事の際に使っている油をエゴマオイルに取り換えればいいだけです。最近流行りの食事管理をしているジムと違って急激に体重は落ちることはありません(逆にリバウンドもしにくいですね)が、日々、摂取することによって血流が改善され、基礎代謝を向上させる事や、油を分解して脂肪を体にたまりにくくする働きによってダイエットに繋がります。

エゴマオイルの摂取量

エゴマオイルのα-リノレン酸は、体内で作られないため、できるだけ食事から摂取しなければなりません。エゴマオイルの目標量は、1日2g以上と言われている為、量にすると小さじ1杯程度で良いです。えごま油の成分はn-3系脂肪酸が約半分以上を占めているため、摂取する際は目安量に心がける必要があります。

エゴマオイルのその他・効果効能

  • 美肌
  • 肝機能アップ
  • ガンの予防
  • 高血圧の予防
  • 認知症、アルツハイマー病の予防
  • 動脈硬化の予防
  • アンチエイジング
  • コレステロールの減少
  • 脳卒中の予防
  • 心疾患の予防
  • うつ病の予防

等があります。これらはα-リノレン酸によってもたらさせられる効果です。

まとめ

エゴマオイルが人気なのはα-リノレン酸による効果でもあります。α-リノレン酸さんが含まれる油としてはアマニ油にも含まれています。日々のドレッシングをエゴマオイル等に変えてみるのはどうでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加