紫外線(UV)の目への影響

この記事の所要時間: 353

hiyake_woman

日差しが強いと紫外線(UV)が気になる人も多いと思います。殆どの人が肌の悪影響を気にしている方々が多いと思いますが、紫外線(UV)は肌以外にも目にも悪影響を与えているのです。紫外線(UV)の目への影響を纏めてみました。

紫外線(UV)

紫外線(UV…Ultravioletの略です)とは、太陽から放出される太陽光線の一種(電磁波)で肉眼では見ることが出来ない不可視光線で波長が短く、エネルギー の 高い光でX線より長い電磁波です。この紫外線の波長は長さによりUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)と分けられます。

  • 紫外線A波(UVA)

紫外線A波は、生活紫外線とも言われており、5月頃が最も紫外線量が多いです。波長が長く太陽光線のうち約90%を占める紫外線です天候に影響されることなく地上まで届きます。紫外線の中では肌に対するダメージはそれほど大きくありませんが、短期的な影響は小さいですが、活性酸素を発生させるエネルギーは強く、長期間や長時間に浴び続けると肌の真皮まで浸透していきコラーゲンを破壊し、シミ、シワ、たるみなどの原因となります。

  • 紫外線B波(UVB)

紫外線B波はレジャー紫外線とも言われており、3~9月にかけて強く、特に真夏の7月~8月に紫外線の量が真冬と比較すると紫外線量が約5倍。地表への線量は全体のわずか10%程の紫外線ですが、肌へのダメージが非常に大きい紫外線で、紫外線A波と比較すると、何と最大で1000倍有害性があります。真夏は真冬の5倍もの紫外線B波が届くと言われております。紫外線A波と違い、紫外線B波は肌の表面に強く影響を与え日焼けやシミやシワ、ソバカス、乾燥肌など肌の老化を進めるだけでなく、皮膚がんや白内障、免疫力低下などの原因とされており、紫外線B波は、最も日常的に浴びており私たちの身体に影響を及ぼしている紫外線になります。また地面や海面の反射によっても影響を受けます、特に雪は、反射する量も多いので注意してください。

  • 紫外線C波

紫外線C波は、オゾン層に吸収されるため地表には到達する事はないですが、近年、地球温暖化によりオゾン層の破壊が進むと、紫外線C波が地表に到達してしまい、様々な影響を及ぼしてしまうと言われています。紫外線C波は、殺菌作用が強い反面、生物に対する影響が最も強く有害とされる。よく医療の現場などでは、殺菌灯として使われています。

紫外線の目への影響

紫外線は、肌へのダメージが多いと思われますが、目にも悪影響を与えます。目は、目は入ってくる光を感知し、その情報を脳に伝える大切な働きをしていますが、外部にさらされているため、直接的なダメージを受けやすい部分でもあります。また実は直接肌から紫外線の影響を受けなくても、目から紫外線の影響を受けると肌の日焼けにつながります。不思議かもしれませんが、紫外線が角膜に影響を与えて脳下垂体に情報が伝達され防衛反応としてメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうからです。

目は、紫外線が強すぎると角膜や白目を覆う結膜などにダメージを受けてしまいます。また、目のレンズの役割をしている水晶体は、たんぱく質繊維やヒアルロン酸から成り立っていますが、これが紫外線によって影響をうけてしまい傷ついてしまいます。水晶体は、新陳代謝をしない為、新し組織が生まれてこないので、紫外線が当たり続けて傷が蓄積されひどくなっていくと、水晶体が白く濁り、視力が低下する白内障などの病気や目の老化を促進の原因になります。

目への対策として

目への紫外線対策として、やはり一番いいのはサングラスで紫外線をカットすることです。サングラスじゃなく透明のレンズでも紫外線カットの眼鏡もあります。サングラスの中でも紫外線カットのしていないサングラスは注意が必要です、濃い色のサングラスをかけると、瞳(瞳孔)はもっと光を入れようとして、大きく開き紫外線対策ができていないサングラスでは、光量は落としたものの紫外線対策をしていない為、広く開いた瞳(瞳孔)から、紫外線が角膜、水晶体に降り注いでしまいます。他にも帽子をかぶるだけでも紫外線対策はできます。

体の中からの対策として、ルテインビタミンミネラルアスタキサンチン等を摂取することによって身体の内部から紫外線から目を守ることも出来ます。

まとめ

紫外線対策は、肌だけではなく目にも紫外線対策が必要となります。特に紫外線の強い時期にはサングラスやメガネ、帽子をかぶり紫外線対策をして出かけるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加