水素水の作り方と効果・効能

この記事の所要時間: 320

11007032775

健康ブームの中、今話題の水素水。そんな水素水ですがどの様な効果・効能があるのでしょうか?また水素水のは体に良いのでしょうか?水素水の効果・効能と、自宅での水素水の作り方を纏めてみました。

水素水

そもそも水素水とは?という方も多いと思いますが、水素水の水素は、水素の原子記号は”H”で構造が一番簡単で、常温・常圧では無色無味無臭の気体で、原子の中では一番軽く、単原子では酸素以上に活性度が高く、他の物質と容易に結合する性質があり、活性水素と呼ばれています。水素水は、水素分子が高い濃度で溶けている水のことで、水は”水素(H2)”と”酸素(O)”がくっついている状態で、化学式では”H2O”と表しています、これに更に水素を増したものが水素水になります。

水素水が今話題になっているのは、老化やさまざまな病気の原因とされる”活性酸素”を除去する働きがあることから話題になっています、水素水に限らず”活性酸素”を除去する働きのある抗酸化作用のある食べ物(ファイトケミカル)等も注目を集めていますが、水素水はこれら、抗酸化作用のある食べ物より格段と高いと言われています。

活性酸素は、体外から侵入してきた細菌やウィルスを、白血球がこの活性酸素を使用して攻撃し除去してくれますが、活性酸素が、過剰に発生し体内に溜まってしまうと、細胞を酸化(サビ)させたり、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけ、様々な病気や老化、生活習慣病を含めた疾患の原因とされています。

水素水で重要なのは濃度!

水素水は幾つか売られてたり、家庭用で水素水を作るキットなども売られていますが、やはり選ぶ上で重要なのは水素の濃度になります。水素は高い圧力をかけることで水の中にいくらでも溶けます、その為、非常に高い濃度の水素水を製造することも可能です。しかし、高圧をかけた高濃度の水素水でも圧力をかけた直後でない限り、時間の経過とともに常気圧の状態に戻ります、この事から、ペットボトルで売られている水素水はお勧めはできません。またやたら高い濃度を売りにしていても、生産時の濃度であってはあまり意味がありません、手元に届くころには濃度は下がっているので、鮮度を保ってしっかり密封してあるものもあるので、それらを商品を選んで購入するのが一番です。他にもマイナス水素やプラズマ水素を売りにした商品があるようですが、これらは水素水とは違うので購入時に注意してください。

水素水の濃度のお勧めとしては、最低でも200ppb以上の水素濃度が必要になります。ちなみに400ppb前後の水素水がパーキンソン病に対して最も高い効果あると言われています。

水素水の効果効能

水素水の効果効能は健康、美容、ダイエットの面で、多くの効果・効能があると言われています。

  • 活性酸素の除去
  • デトックス効果
  • 皮膚の保湿効果
  • 美白効果
  • エネルギー代謝促進
  • 脂肪燃焼促進効果

これら、効果は水素水が活性酸素を除去する働きによって得られる効果になります。活性酸素を除去をするなら質のいい水素水がを飲むのが一番です。

活性酸素の作り方

実は自宅でも水素水を作ることが可能です。自分で作る方法としては2種類ありまして、マグネシウムスティックをペットボトル入れて水道水から作る方法と、専用の水素水サーバー(電気分解装置)で作る方法です。マグネシウムスティックは、水素水サーバーよりはコスト的にリーズナブルです。

マグネシウムスティックで作る上での注意点として、純度の高いマグネシウムを用いた製品を選ぶ事と、水素水を作る容器(ペットボトル等)の中に空気が存在すると、その空気中に発生した水素が逃げてしまいますので注意してください。

まとめ

水素水を選ぶ上では濃度よ、容器の状態を注意して購入してください。自宅でも気軽に飲む分だけを作れば濃度の高い水素水を飲むことができますので。ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加