はちみつ大根の咳止め効果と作り方

この記事の所要時間: 156

images (1)

昔から、咳止めには、はちみつ大根効果的と言われています。咳止めや喉の乾燥に効くはちみつ大根効果と作り方を、纏めてみました。

はちみつ大根

はちみつ大根とは、その名の通り、大根を切った物をはちみつに漬けたものです。そもそもちみつには、保湿効果とはちみつの抗酸化水素には殺菌作用があります。また大根は昔から”大根おろしに医者いらず”と言う言葉があるように体に良い食べ物です。大根をすりおろすと出る辛み成分の”イソチオシアネート”と言う成分に解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用があります。これら二つの殺菌効果のある食べ物を合わせたものが、はちみつ大根です。はちみつ大根は江戸時代からあったと言われる民間療法で、今でも子供や妊婦さんには手軽に作れる民間療法で人気があります。

はちみつ大根の効果・効能

はちみつ大根の効果は、咳と喉の痛みに効果的です。喘息の方にも効果があります。

はちみつ大根の作り方

はちみつ大根の作り方は、簡単で手間いらず。

”大根を1センチ角(サイコロ状)にカットしてはちみつに浸かるぐらいかける”

これを一晩寝かせれば完成。

味に関しては苦いです…食べ方として、スプーンですくってそのまま舐めたり、お湯割り、お水割り、紅茶割り等、好みの食べ方で食べてもらえれば大丈夫です。

※はちみつを贅沢にマヌカハニーを使えば更なる殺菌効果に期待ができます!

はちみつ大根の注意点

はちみつ大根の注意点としては、1歳未満の乳児には与えてはいけないので注意してください、はちみつが元々ボツリヌス菌が入っている可能性があり、1歳未満の乳児にはボツリヌス菌に耐えれないため、乳児がボツリヌス菌を摂取してしまうと乳児ボツリヌス症を発症してしまうので気を付けてください。1才未満の乳児は腸管が未発達なためボツリヌス菌を摂取してしまうと、体内に吸収されて増殖する恐れがあるからです。妊婦や、子供は問題ないので安心して摂取することができます。

まとめ

風邪をひいた時の喉の痛みや咳が止まらないときのお勧めの咳止め方です。喉の痛みにはイソジンよりも効果的との声もあります。手間が掛らず簡単に作れるのでお勧めの民間療法の1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加