ファイトケミカル:オイゲノールの効果・効能

この記事の所要時間: 127

resize

最近注目の栄養素ファイトケミカルは、抗酸化力、免疫力アップの効果があります、そんなファイトケミカルは1万種類以上あると言われており、あまり聞きなれないオイゲノールもファイトケミカルの1つです。オイゲノールの効果・効能を纏めてみました。

オイゲノール

オイゲノールとは、フェニルプロバノイドという化合物の仲間でテルペン類のハーブや柑橘類などの特有の香りと苦味成分があり、身近な食べ物だとバナナに含まれる香り系に含まれていて抗酸化作用があり、他にも白血球を増強させ長時間免疫活性化する効果がある物質です。この免疫活性化によってガン細胞を殺す免疫細胞を増やす働きがあり熟したバナナの方がオイゲノールをたくさん含んでいます。バナナを食べる時のアドバイスとして、バナナの皮をわざと皮に傷を付けて30分ほど放置しておくと色が変わってきます、そうすることによってオイゲノールがバナナの皮から分泌され免疫機能が強まります。

オイゲノールは精油などの成分に使われており

  • グローブ 75-85%
  • バジル・リナロール 5-10%
  • ローズ 微量

と含まれています。

オイゲノールの効果・効能

  • 免疫向上作用
  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗菌作用
  • メラニン生成抑制作用
  • 抗ヘルペス作用
  • 花粉症予防

他にも

  • 殺ダニ作用
  • 蚊の忌避作用

等と、身体に摂取する以外の使い方もありますが、これらは精油などで使うのがお勧めです。

オイゲノールを含む食品

  • バジル
  • グローブ
  • レモンバーム
  • バナナ
  • ナツメグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加