リノール酸のアトピー・花粉症への原因・影響

この記事の所要時間: 320

img_16

リノール酸は、オメガ6系(不和脂肪酸)必須脂肪酸はアトピーや花粉症の原因ともされてい

る油です。体質を改善したい方はリノール酸を大量に摂取しない方良いとされています。そん

なリノール酸について纏めてみました。

リノール酸

リノール酸とは、不飽和脂肪酸の中の多価不飽和脂肪酸に分類する液体の油です。体内で合成

できないため、食品から摂取する必要な必須脂肪酸で、人の身体の健康にとって無くてはなら

ない大事な脂肪酸ですが、注意する必要もあります。主にサフラワー油(べに花油)、サンフ

ラワー油(ひまわり油)、コーン油、大豆油、ナタネ油などの植物油や味噌に含まれていま

す。注意する点は、現代の食生活では必要量を上回るリノール酸を日頃の食事から摂取してい

るので、わざわざリノール酸が多く含まれた食品を摂取する必要がありません。逆に、リノー

ル酸を過剰に摂取することでアトピー性皮膚炎などアレルギーの悪化や老化の促進を手助けを

してしまいます。リノール酸は身体に必要な必須脂肪酸なので身体に悪いだけではありませ

ん、スキンケア効果があり、肌の保湿、抗炎症作用、老化防止作用など、皮膚のバリア機能を

アップに繋がります。

リノール酸を摂取するにあたってオメガ3系との摂取バランスも重要でして、オメガ3:オメガ

6 の比率は、1:2~1:4 がお勧めの割合ですが、日本人の食生活では1:6 から1:

50(多い人で)となっているのが現実です。この様な理由としては、市販されている油のほと

んどがオメガ6系の油が多いからです。

マヌカ684x200

アトピー・花粉症の原因?

リノール酸は、アトピーや花粉症、老化の原因やガンの原因とも言われています。なぜリノー

ル酸を摂りすぎるとアトピーや花粉症等の原因になってしまうかと言うと、血液がどろどろに

なり、動脈硬化が進行するほか、アレルギーを起こす物質の合成量が増えアトピー性皮膚炎、

喘息、炎症などを促進ししてしまいます。

リノール酸→γ‐リノレン酸→アラキドン酸

と変換されるのですが、このアラキドン酸が、ロイコトリエン、トロンボキサン、プロスタグ

ランディンなど、炎症やアレルギー反応を起こす物質が作られるもとになり、それが喘息やア

トピー性皮膚炎を含むアレルギー性疾患や、動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中、がんの発生を

増やしてしまうリスクが高まります。逆にオメガ3系は抑制する効果があります。

  • 善玉コレステロールの減少
  • 悪玉コレステロール、中性脂肪の増加
  • 血栓ができやくなり、血液がドロドロしてくる。
  • 動脈硬化のリスクが高まる。
  • 心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まる。
  • 免疫作用が乱れ、アレルギーのリスクが高まる。
  • 細胞組織が炎症しやすくなる。
  • 皮膚炎などのリスクが高まる。
  • 癌(がん)のリスクが高まる。

などがあります。

リノール酸の効果・効能

リノール酸は悪いだけではありません、ただ日常の食生活で十分すぎるほど摂取ができている

ので、過剰摂取状態になっているので体に悪い影響を及ぼしているだけで、必須脂肪酸なので

人が生きていくうえで必要な油でオメガ3系とバランスよくとる必要があります。。逆にリノ

ール酸の効果・効能としては、

  • スキンケア効果
  • 肌の保湿
  • 抗炎症作用
  • 老化防止作用
  • 皮膚のバリア機能アップ
  • 悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果
  • 高血圧を予防

リノール酸を多く含む食品

  • ヒマワリ油
  • 綿実油
  • トウモロコシ油
  • 大豆油
  • ラー油
  • ゴマ油
  • クルミ
  • 米ぬか油
  • 落花生

まとめ

リノール酸は意識して摂取するのではなく、意識して減らす栄養価です。油類は今使っている

油からオリーブオイル等に変更するだけで十分効果があります。次回から油の購入時は注して

買ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加