ファイトケミカル:ゼアキサンチンの効果・効能と摂取

この記事の所要時間: 322

resize

最近注目されているファイトケミカルの1つのゼアキサンチンゼアキサンチンはカロテノイド系である為、ルテインと同じ分類でもあります。そんな話題のファイトケミカルの1つのゼアキサンチンの効果効能を纏めてみました。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンとは、緑黄色野菜(パプリカ、ほうれん草など)に多く含まれているカロテノイドの一種でキサントフィル類に分類されます。緑黄色野菜以外にも、ミドリムシにも含まれています。ゼアキサンチンはβカロテンに似た脂溶性の物質でルテインとは、構成は似ているものの、原子の結びつきが違うだけです。その為、どちらも基本的な働きは似ていて、どちらも目の黄斑部や水晶体に多く存在し網膜を保護する働きに優れていますが、ゼアキサンチンの方が黄斑に多く存在しています。また体内において必要な量のゼアキサンチンがルテインより作られています。因みに600種類以上存在するカロテノイドの内、網膜の黄斑部に存在しているのは、ゼアキサンチンとルテインだけです。近年の研究ではゼアキサンチンは黄斑部の中心部に、ルテインは黄斑の周辺部に存在していることがわかっており、黄斑変性症等のた黄斑部の障害予防には、ゼアキサンチンがより効果的に効くのではないかと言われています。

ゼアキサンチンは、ファイトケミカルの注目されている働きでもある、強力な抗酸化作用です。人間の体内ではルテインとともに黄斑部に存在することで、紫外線やパソコンやテレビなどから発するブルーライトから守り、目の健康維持に深く関与しています。

*黄斑部は眼球で最も光が集まる部分であり、視力を支えている非常に重要な部位で黄斑部が傷つくことで、視力が急激に低下したり、眼の中心や一部が暗転したり、失明や眼病の原因になったりします。

ゼアキサンチンの摂取

ゼアキサンチンはもともと人間の体内に存在する成分ですが、体内で合成することはできず、黄斑部がダメージを受けることによって消費されていく一方ですが、ルテインは生体内で代謝によって必要量のゼアキサンチンを作ることはできます。加齢によって起こり得る眼病は、ルテインやゼアキサンチンが不足が原因ではないかと言われているのでゼアキサンチンやルテインは積極的に摂取する必要があります。摂取時のポイントとしてゼアキサンチンは脂溶性の成分の為、緑黄色野菜から摂取する場合には、調理の際に油を使用するとゼアキサンチンが油に溶け込み、体内への効率よく吸収されます。ビタミンCと一緒に摂取することによってゼアキサンチンの効果が更に得られます。

効果的にゼアキサンチンの効能を得るためには1日の摂取量を6mg程度と言われていますので、パプリカ100g中に含まれるゼアキサンチンは12mg含まれていますのでパプリカの摂取で十分一日の量を摂取できますが、毎日パプリカを摂取するのは難しいので、サプリメントなどもお勧めです。

ゼアキサンチンの効果・効能

  • 黄斑変性症を予防

活性酸素は全身で発生しますが、黄斑部に関しては、ゼアキサンチンとルテインしか抗酸化作用の役割をする物質がありません。特にゼアキサンチンは黄斑部の中心部に存在しています。

2007年にアメリカの研究結果によると4000人以上を対象とした6年間の大規模な試験の結果でゼアキサンチンとルテインを摂取していると、黄斑変性症のリスクが低くなるというデータが得られたそうです。

  • 白内障を予防

白内障とは、水晶体が活性酸素によって白く濁って徐々に見えづらくなってしまう病気です。ゼアキサンチンは強力な抗酸化作用を持つため、活性酸素による水晶体の酸化に対して効果的で白内障発症を抑えることに効果的と言われています。

まとめ

ゼアキサンチンはルテインを摂取していると体内で作ってもくれますが、効率よく摂取するには単体で摂取するのが早いので緑黄色野菜を普段から食べるようにな食生活にするのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加