アミノ酸の効果・効能と種類

この記事の所要時間: 315

l_05

アミノ酸は人間の体において重要な働きをしている成分です。自然界においては500種類

アミノ酸種類がありますが、人間に必要なアミノ酸の数は20種類です。これらアミノ酸

は働きや効果は違います。

アミノ酸

アミノ酸とは、地球上に約500種類近くありまして、そのうちの20種類が人間の体を約

20%構成するのに重要な働きをしています。アミノ酸は体内のタンパク質の元であって、タン

パク質は約10万種類ありますそのタンパク質を20種類のアミノ酸から成り立っています。

この20種類のアミノ酸は体内で合成できる非必須アミノ酸と体内で合成できないアミノ酸の

必須アミノ酸に分けれています、11種類の非必須アミノ酸と9種類の必須アミノ酸に分けら

れます。体内で合成できない必須アミノ酸は食物から取り入れることが必要になります。

アミノ酸はタンパク質の元ですが、タンパク質になる前にアミノ酸は2~数十個アミノ酸が繋

がってペプチドになりペプチドが更に繋がったものがタンパク質になります。

ローヤルエイト_684x200

アミノ酸が豊富なローヤルゼリー!

体を構成する20種類のアミノ酸と効果・効能

必須アミノ酸 9種類

たんぱく質の消化・分解の過程で合成できない

バリン、ロイシン、イソロイシンの3個をBCAA(分岐鎖アミノ酸)と言い、ヒトの筋たん

ぱく質中の必須アミノ酸のBCAAの割合は約35%占めています。BCAAは筋肉に重要なアミノ

酸で、特にトレーニングをしている方は摂取すべき重要なアミノ酸でになります。BCAA摂取

の目的は運動による筋たんぱく質の分解を防ぐことで、運動中には筋たんぱく質の分解がされ

るため、運動直前にBCAAを摂取することにより、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉か

ら遊離する必須アミノ酸量は減少させる効果があります。

非必須アミノ酸 11種類

たんぱく質の消化・分解の過程で合成される性質

  • グルタミン酸 … 速効性のあるエネルギー源
  • アスパラギン酸 … エネルギーの生産をサポート *うまみ成分
  • グルタミン … 筋肉や胃腸の正常な働きや免疫力アップ、また肝機能をサポート *うまみ成分
  • アスパラギン … 血管の正常な機能や免疫力アップ効果 *うまみ成分
  • グリシン … 血色素成分の生産をサポート
  • アラニン … 肝臓のエネルギー源となり、アルコール代謝の改善効果
  • セリン … リン脂質やグリセリン酸生産
  • プロリン … 皮膚を構成するコラーゲンの主原料で、天然保湿成分に必要なアミノ酸
  • アルギニン … 血管の正常な機能や免疫力アップをサポート
  • システイン … 皮膚のメラニン色素の生産を抑える
  • チロシン … 抗ストレス作用

その他自然界にあるアミノ酸(約500種類)

  • テアニン … 高いリラックス効果
  • オルニチン
  • GABA
  • シスチン
  • タウリン … タウリンは肝機能を向上させ血圧を降下させる効果
  • クレアチン … 筋肉が貯蔵するエネルギー源

まとめ

アミノ酸は人の体を構成する上で重要な役割をしており、アミノ酸の可能性は無限大とも言わ

れており、今後も更なる事がわかってくることだと思います。必須アミノ酸を摂取するにはバ

ランスの良い食事やサプリメント等から摂取するのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加