ファイトケミカルの効果と種類

この記事の所要時間: 45

images

最近注目を浴びている第7の栄養素とも言われているファイトケミカルファイトケミカル

植物に含まれている天然の化学物質とも言われており、そんなファイトケミカル種類効果

をまとめてみました。

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは、野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色

素や香り、アクなどの成分から発見された天然の化学物質で、植物が紫外線、有害物質、害

虫、外敵などから自身を守るためにつくりだされています。ファイトケミカルは、生命活動に

必須の栄養素ではないですが、様々な病気を予防する効果が期待されており、栄養学の世界で

は、第7の栄養素として注目されている栄養素です。(5大栄養素糖質たんぱく質脂質

ビタミンミネラル)(第6の栄養素=食物繊維)注目されるわけは、体を老化させ、生活習

慣病などを引き起こすといわれる「活性酸素」を除去する作用が働きや、白血球を活性化して

免疫力を高める、花粉症等のアレルギー対策などに役立つ事に期待されているからです。特に

その強い抗酸化作用で、酸化とは物が酸素と結びつくことです。とくに酸化力の強い酸素を活

性酸素といい、これを取り去り酸化を防ぐちからである抗酸化力は、生命を若々しく維持する

ちからとして注目を集めています。(酸化は、さまざまな病気や老化の原因とされ、がんや認

知症、生活習慣病とも密接な因果関係があるといわれています)人間はファイトケミカルを体

内で生成できませんが、ファイトケミカルを含んだ野菜や果物を摂取することによって体内に

取り入れて抗酸化力や免疫力をアップさせ、生活習慣病やアンチエイジングに活用できます。

イチョウ

種類

ファイトケミカルは数千種類~1万種類あるといわれ、大きく分類するとポリフェノール系、

カロテノイド系、イオウ化合物系、テンペル類、グルカン類などに分けられます。

ポリフェノール系

植物が光合成を行うときにできる物質の総称。本来、植物自身が生きるための物質ですが、ヒ

トの体内に入っても、抗酸化物質として有効にはたらくことがわかっています。水に溶けやす

く、吸収されやすい。

フラボノイド

フェノール酸

サボニン

大豆などに含まれている渋みや苦味の主成分です。大豆を煮ると泡立つものがサポニンです。

抗酸化作用があり、脂質やコレステロールを取り除く効果があります。

イオウ化合物

強い刺激臭でその臭い成分が抗酸化力を発揮します。血行、血流の改善作用もあり、強い殺菌

力があります。

カロテノイド類

動植物に含まれる色素成分。抗酸化力が強く、活性酸素から守り、がんや生活習慣病を抑制す

る効果や、美肌効果やシミ予防、目の健康を維持するのにも効果があります。

テルペン類

ハーブや柑橘類などの特有の香りと苦味成分です。抗酸化作用があり、生活習慣病を防ぎ、香

りは、抗うつ作用があります。

その他ファイトケミカル

ファイトケミカルの効果

ファイトケミカルは各々で特徴的な働きが存在するため、その効果にも違いがあるので今回は代表的な効果を纏めました。次回から個別のファイトケミカルの効果を纏めていきます。

ポリフェノール類の効果

  • 視機能を改善する効果
  • 老化を防ぐ効果
  • 更年期障害の症状を改善
  • 血流を改善
  • 肝機能を高める効果
  • 生活習慣病の予防・改善効果
  • 美肌効果

カロテノイド類の効果

  • 眼精疲労を改善
  • 眼病を予防する効果
  • 血流を改善

まとめ

ファイトケミカルをたくさんとっても、活性酸素にさらされる生活が続いていては意味がない

ので、夜更かしや喫煙、飲酒などの生活習慣を改めたり、毎日の食事を見直しながら上手に摂

取していけばファイトケミカルの効果得られると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加