二日酔いに効く食べ物

この記事の所要時間: 311

二日酔い

お酒を飲む方だったら一度は経験はしたことがあると思う二日酔い、そんな辛い二日酔いを早く治したい方にお勧めの食べ物や解消法を紹介いたしたいと思います。

二日酔いのメカニズム

二日酔いとは、飲み過ぎた翌朝の頭痛、胸焼けなど様々な不快な症状と原因があります。アルコールを大量に摂取すると、肝細胞で有害物質アセトアルデヒドが十分に処理されないことと、お酒による胃・腸の障害や脱水などの複合的な要因によっておこる症状です。このアセトアルデヒドは、アルコールを摂取すると体内でアルコールはアルコール脱水素酵素により、アセトアルデヒドに分解されます。このアセトアルデヒドは更にアセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸に分解され、更に水と二酸化炭素に分解され体外に排出されます。このアルコールの処理の過程の際に出る、アセトアルデヒドに強い毒性(アルコールより10倍以上)があり、殆どの二日酔いの原因でもあります。このアセトアルデヒドにの処理力は人によって差があるので、処理力を超えてしまったら二日酔いになります。この処理力は遺伝や人種によっても違うと言われています。特にアジア人はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人が多い為、欧米人に比べて弱いとされてます。

二日酔い時の食事

二日酔いの種類によってお勧めの食べ物が違います、その症状別に分けてみました。

  • ズキズキ感の頭痛

ズキズキ感の頭痛時は、アルコールの血管が拡張する働きによって炎症を起こしてしまい頭痛の原因となります。そんな時は、拡張してしまった血管を収縮させることがお勧めです。そんな時はカフェインがお勧めです。カフェインには血管収縮作用があります。コーヒー、紅茶、エナジードリンク等があります、カフェイン以外には牛乳や頭痛薬も効果的です。

  • ダルさ、吐き気、頭痛

二日酔いの中で一番多い症状の1つでもるのは、脱水症状を原因とすの二日酔いです。脱水症状は頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などの様々な症状を引き起こします。アルコールは利尿作用があるので、飲酒時に十分な水分を摂りながら飲酒をすれば予防にも繋がります。そんんあ脱水症状を原因とした二日酔いには、スポーツドリンク(特に浸透圧が高い物)、シジミ汁、お茶などがお勧めです。カフェインが入った飲み物は利尿作用があるので注意が必要です。

脱水症状以外にも低血糖が原因の二日酔いもあります、低血糖の二日酔いは、頭痛、ダルさの他に、筋肉痛もあります。低血糖の原因は糖分の不足ですが、飲酒時は肝臓でアルコールが処理されています、アルコールを分解している間、肝臓はアルコールの分解を優先させ、グルタミンによる糖の生産不足です。通常、肝臓は糖分を貯蔵し、必要に応じて供給していますが、アルコール分解に肝臓が使われることにより糖分が不足してしまいます。因みに肝臓には約8時間分の糖を貯蔵しています。糖分が不足することによって、頭痛やだるさ、筋肉痛といった二日酔いの原因になります。そんな糖の素早い補給には、果糖がお勧めです。フレッシュジュースは低血糖の治療には非常に優れています。他にはハチミツもお勧めです。

二日酔い

アセトアルデヒドが原因は脱水を原因とする二日酔いに次いで多い二日酔いです。日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素の活性が弱いため、 アルコールの分解は終わっているのですが、アセトアルデヒドが体内に残り二日酔いの原因になります。そんなアセトアルデヒドが原因の二日酔いには、シジミ、ゴマ、ナッツ類などが効果的です。

まとめ

二日酔いには、原因によって症状も違うので、その時の症状に合わせて対処をすれば、あの辛

い二日酔いを少しでも早く改善することができると思います。二日酔いの一番の対策は飲み過

ぎないことですけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加