緑内障の予防にはルテインが効果的

この記事の所要時間: 332

child03_hoken01_d_05

目の病気で有名な、白内障緑内障黄斑変性症があります。これら目の病気の予防には、マリーゴールドの花から抽出したサプリメントのルテイン効果的です。今回は緑内障についてもまとめてみました。

緑内障

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなって画像を認識できなく、視野が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあり、日本での失明原因第1位の病気です。

原因

緑内障による視神経の障害は、目の硬さである眼圧が、その人の耐えられる眼圧より上昇によって引き起こされます。眼圧の上昇の原因で、緑内障は原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

  • 原発開放隅角緑内障

線維柱帯とシュレム管が詰まって、房水の排出がうまくいかなくなって眼圧が上昇し、徐々に症状が進行していく慢性的病気です。

  • 正常眼圧緑内障

正常眼圧緑内障は眼圧が正常値(10~21mmHg))であるにもかかわらず視神経が傷害されているケースで、開放型緑内障に分類され、欧米に比べて日本では正常眼圧緑内障が最も多く、緑内障患者の6割を占めています。

  • 原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなって閉塞状態になって、房水の排出がうまくいかず、眼圧が上昇するものです。他の病気がなくて、急速に隅角が閉じてしまって発症します。急性緑内障発作といって、急激な眼の痛みや頭痛、吐き気などに襲われます。慢性型と急性型があります

  • 発達緑内障

生まれつき隅角に異常があって眼圧が高くなって緑内障になるものです。また乳幼児期など低年齢で見つかるものは進行が早いことが多く、眼球が大きくなってしまうと眼圧を調整しても視力の障害を食い止めることが難しため、手術が必要です。

  • 続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などによる眼圧上昇によっておこる緑内障。

症状

緑内障には慢性緑内障と、急性緑内障があり、慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がなく、少しずつ見える範囲が狭くなって視野の一部が見えなくなる視野欠損です。その進行は非常にゆっくりで、普段両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多く、異常に気づいたときにはかなり進行しているケースも多いです。急性緑内障では、急激に眼圧が上昇して発症し、頭痛や吐き気、眼痛、充血など、激しい症状が見られます。

緑内障予防にルテイン

ルテインは目の老化に効果的な物質でもあり、水晶体にも含まれている物質です。今現在、100%ルテインで予防できるとは証明されてはいないのが現実ですが、目には良いとはわかっていますので、白内障や黄斑変性症の予防と一緒にして摂取するのは良いかと思います。ルテインを摂取しながら同時に、血流を増やし血液をサラサラにすることをお勧めいたします。

ルテインの摂取プラス、DHAを多く含む食品を摂取mポリフェノールやカロテノイドの摂取、糖質、脂質の量を減らすなどして日頃からケアも必要になります。ルテインは体内で合成の出来ない物質で加齢とともに減ってしまうので日頃から摂取するのを意識すると良いでしょう。食事からでしたらマリーゴールドやほうれん草、ニンジン、カボチャ等の緑黄色野菜に多く含まれていますが、食事からの摂取は大変です。ルテイン10mgを摂取するには、ミニトマトなら666個、にんじんなら21本分を摂取しなければいけませんので、日ごろの食事+サプリメントから摂取が効率が良いでしょう。

まとめ

ルテイン自体が、緑内障によいとは証明されていませんが、目には良い物質ですので、緑内障

に限らず日頃の目のケアの1つとして摂取するのをお勧めです。ルテインの摂取によって白内

障、黄斑変性症の予防にも繋がります。目のケアと言ったらルテインでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加