ルテインの効果・効能と副作用

この記事の所要時間: 35

child03_hoken01_d_05

白内障緑内障等の目の病気に良いとされている、ルテイン。目の栄養補給に欠かせないルテイン。ルテインの効果効能副作用についても纏めてみました。

ルテイン

ルテインとは、カロテノイドの一種で、植物や野菜の色素成分で、人間の体内では、目の中の主に水晶体や黄斑部、他には皮膚、乳房、大腸にもともと存在している成分でが、実は体内では作ることが出来ません。植物には主にマリーゴールドなどの黄色の花弁やほうれん草、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜、植物の緑葉に多く含まれています

ルテインの注目されている効果として、強力な抗酸化作用です。特に目に対する効果が高く評価されている栄養素で、目は人間の体で唯一、体外に露出している臓器で休むことなく光にさらされています。光は紫外線を含む日光、電球の光、携帯電話、パソコン、テレビなどから発生する最近話題のブルーライト等があり、これらが活性酸素を発生させる要因となります。特にブルーライトは光の波長が短く、特に力の強い光と言われており、目の細胞に与えるダメージも大きいと言われています。そのため目は活性酸素が発生しやすい環境になります。ルテインには、それら光から発生する活性酵素を除去し、過剰な発生を防ぐ効果があります。

ルテインは、加齢とともに減少してしまい、黄斑変性症や白内障等の目の病気は加齢と共に増加するため、体内のルテイン量が年齢とともに減少していくことに関係があると言われております。

ルテインの効果効能

  • 白内障を予防・改善する効果

ルテインは、入射してくる光の中でも特に有害な光線を吸収してくれるため、積極的なルテインの摂取は、白内障の予防にも効果があります。

  • コントラスト感度改善効果

ルテインは、摂取すると血液中に取り込まれ、目の黄斑部に蓄積します。黄斑部にルテインが蓄積することによってコントラスト感度が改善する効果があります。

  • 黄斑変性症を予防効果

ルテインは、活性酸素により起こりうる酸化のダメージから黄斑部を守ってくれる効果あります。アメリカでの実験データでは4000人以上を対象とした6年間の大規模な臨床試験を行い、ルテインとゼアキサンチンを摂取していると、黄斑変性症のリスクが低くなるというデータが得られてます。

  • 炎症を抑制効果

ルテインは、抗酸化作用に加えて抗炎症作用も持つ効果もあり、抗炎症作用はぶどう膜炎などの眼病予防に効果的です。

  • 美肌効果

人間の皮膚に含まれているルテインは、酸化や光のダメージから肌を守る作用によって消費されてしまいますが、ルテインを摂取することで肌の老化予防効果があり美肌効果に繋がります。

ルテインの副作用

ルテインを摂取する上で注意しないといけない点があります。食事から摂取する分には過剰摂取(1日2mg/kg(体重50kgの場合、1日100mg)までの摂取量であれば問題ない)の心配や副作用はこれら、食事からのルテインは天然成分なので心配はほとんどないのですが、サプリメントで摂取する際は注意が必要です、サプリメントでもマリーゴールドの天然成分由来であれば問題はないのですが、ルテインでも人工的に作られたものもあります、これら人工的に作られたルテイン(石油を原料とした合成ルテイン)は、摂取すると目のかゆみや腫れ、咳、喘息、胸焼けなどの副作用が起こる可能性があるとされています。また特に特に、飲酒や喫煙を行なう人は、これらの副作用が起こる可能性が高くなるとの報告もあるため、注意が必要です。ルテインのサプリメントを選ぶときは天然由来成分かを確認して摂取するのをおすすめいたしま。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加