パントテン酸の効果・効能

この記事の所要時間: 339

パントテン酸

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれるビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助けます。ここではパントテン酸の健康への効果・効能について見ていきます。

パントテン酸のはたらき

パントテン酸とは

パントテン酸とは、ビタミンB群の仲間で、B群の中で5番目に発見されたことからビタミンB5とも呼ばれています。体内で合成することが出来るのですが、腸内細菌の働きが必要とします。パントテン酸は食べ物からも摂取が出来るのですが注意点として、水煮溶けやすく、熱・アルカリ・酸に弱く非常にデリケートなビタミンです。その為、食べ物に含まれているパントテン酸を全てを吸収できないです。またカフェインの摂取量が多い方(コーヒー等よく飲む方)やアルコールを摂取するとパントテン酸が消費されやすいです。

パントテン酸の主な働き

食事によって脂質糖質タンパク質三大栄養素が取り込まれると、酵素が変換作業を行ってエネルギーに変わります。
この時、酵素を助ける補酵素であるCoAを作り出す働きを持つのが、パントテン酸です。
CoAにはアセチルCoAとアシルCoAがあります。
アセチルCoAは主に三大栄養素のエネルギー変換に、アシルCoAは脂肪酸の合成・分解にかかわっています。
さらに、アセチルCoAには神経細胞の合成を促進するはたらきも持ちます。

効果

パントテン酸の効果・効能

ストレス

パントテン酸は抗ストレスビタミンとも呼ばれます。
これはなぜかというと、副腎皮質ホルモンの強化・生成を促す働きがあると言われているからです。
副腎皮質ホルモンはストレスを感じた際に分泌されます。
そして血糖値を上げ、エネルギーを作ることによってストレスに対抗するのです。
しかし、ストレスが長引くことによって副腎は疲弊し、ホルモン分泌が減ってきます。
すると、ストレスに対して戦うことができなくなり、心身に影響が及びます。

アトピー

パントテン酸はアトピー体質の改善にも効果的とする説がありますが、これもやはり副腎皮質ホルモンを強化する役割が関係しています。
副腎皮質ホルモンは免疫過剰や炎症を抑える効果もあるとされ、分泌が不足すると、アトピーやアレルギーにつながるといいます。
アトピーの治療にはステロイド剤が使われることが多いのですが、ステロイドを使い続けると、副腎皮質ホルモンの自然な分泌が少なくなってしまうという副作用があります。
何も対策をしないままステロイド投与をやめてしまうと、免疫機能やストレスに対して無防備になってしまいます。
ステロイド剤を止める経過で、パントテン酸を十分補ってあげることで、自らの副腎皮質ホルモン生成の助けになるのです。

肌と髪へ

一方、パントテン酸は肌や髪の健康維持にも効果があると言われます。
これはビタミンCの働きを手助けする効能を持つからで、ビタミンCにはコラーゲン生成を助ける作用があります。
パントテン酸がビタミンCを補佐することによって、ビタミンCはコラーゲンを合成することができ、肌や髪の健康につながるというわけです。

動脈硬化予防

また、パントテン酸には血液中の善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防する作用があると言われています。
悪玉コレステロールを減らすには善玉コレステロールを増やすことが一番と言われているので、結果として悪玉コレステロールを減らす助けになります。

パントテン酸が不足すると

パントテン酸は普通に生活しているうえでは、欠乏はしにくいです。体内で腸内で合成もでき食べ物からも摂取が出来るからです。しかし、抗生物質を服用または常用している方は、腸内細菌が死んでしまうので腸内細菌の働きが悪いため不足する可能性があります。不足してしまうと疲労感や頭痛、食欲不振、手足の知覚異常を起こす可能性があります。このような症状はよっぽどの事が無い限り大丈夫ですので安心してください。また妊婦はパントテン酸に限らす元々栄養不足になりがちです、妊婦の方は少し多めにパントテン酸を摂取しても良いかと思います。

まとめ

パントテン酸は心身がストレスに抵抗するためになくてはならない物質です。
普通の食生活を送っていれば不足することは滅多にありませんが、カフェインやアルコールを過剰に摂取すると、パントテン酸の消費が増える傾向にあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加