皮脂を除去するパントテン酸の効果

この記事の所要時間: 325

効果

皮脂が気になって、ニキビも出てしまっている。一度はこんなことが気になった方も多いでし

ょうが、それは自然な代謝によるものであり、必要以上に気にすることはありません。もし

を無くしたいと思う方には、パントテン酸の除去効果をお試しください。

顔の皮脂が気になる………

顔の皮脂やニキビが気になってしょうがない。そんなお悩みを持つ方もいらっしゃると思います。 

それらの原因はホルモンの分泌が過剰になっているからです。

思春期を迎えると、男性の体内で男性ホルモンが多く分泌されるようになります。それが大人

になるとストレスなどにより多く生産されるようになり、ニキビの原因となります。男性ホル

モンには皮脂分泌を活発にさせてかつ皮膚の角化を促す作用があるのです。

また黄体ホルモンという皮脂を分泌する働きを持つホルモンがあり、女性は生理前にこれが分

泌されてニキビができやすくなります。

ホルモンの影響や新陳代謝の低下によって、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくな

ると、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。これが進行することでニキビができてしまうという

わけです。

 

そこでパントテン酸の出番です

 このニキビや皮脂を改善するために使われているのがパントテン酸です。

パントテン酸には肌や髪の健康を保つ効果があります。肌の潤いはコラーゲンという

タンパク質が保持しています。このコラーゲンの合成にはビタミンCが必要であり、パントテン酸がこの作用を補助することで肌の弾力やハリを維持します。

またニキビの原因であるストレスを軽減させる効果もあります。パントテン酸はストレスを緩

和させる副腎皮質ホルモンの働きを促進させて、ストレスへの抵抗力を高めることから「抗ス

トレスビタミン」とも言われています。ストレスが生じると副腎から副腎皮質ホルモンが分泌

され、体内でエネルギーを増大させてストレスに耐えるように身体を作りますが、パントテン

酸はこの一連の作用を強化する効果を持つのです。 

パントテン酸は、糖質脂質などの代謝をサポートする重要なビタミンですが、普段の食事か

ら健康維持に必要な量を摂るのはなかなか難しいと言われています。一日の目安摂取量は成人

男性で6.0mg、女性で5.0mg(妊婦は6.0mg、授乳婦9.0mgとされていますが、パントテン酸

を多く含む食品であるレバーや納豆などを継続して摂らないと、とても目安量まで達すること

はできません。そのため、手軽に健康成分を摂ることができるサプリメントをお勧めします。

 サプリメント

 サプリメントの使い方

 皮脂を減らすために必要なパントテン酸の量は、一日に4g程度と目安量の約7が求められて

います。サプリメントを使わなければ到底摂ることはできません。パントテン酸が豊富なレバ

ーでも、少なくとも一日に4㎏食べることになるからです。

まずは、1014日の間継続して4g以上を摂取し、効果がなければ少しずつ量を増やしていきま

す。効果には個人差がありますので、それを検証していきます。全く効果が出ないこともあり

ますので、その場合は中断してください。

この期間中に皮脂が減少してきたと感じられるようになったら、徐々に量を減らしていき、一

日に目安量から1g程度まで使うようにしましょう。自律神経や生活などのバランスの乱れに

よって皮脂が分泌されるようになったときは、また多めに使ってください。

まとめ

一説には、日頃の小さなイライラやストレスが肌荒れやニキビの原因になっているそうです。

つい気が立ってしまうのは分かりますが、一度大きな心を持って寛容に接するように努めてみ

てはいかがでしょうか?それでも気になってしまうときはサプリメントや薬を補助的に使いま

しょう。

家族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加