株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

牡蠣肉エキスの正しい使い方と副作用について

カテゴリー:

牡蠣

牡蠣は滋養豊かで栄養も多い食材であり、様々な健康効果を与えてくれます。それを抽出した牡蠣肉エキスを使ったサプリメントをとれば有効成分を手軽に摂取できます。ですが、使い方を誤れば副作用を発症しかねませんのでその正しい使い方について見ていきましょう。

寒い時期に美味しい牡蠣には、豊富な栄養素が含まれており身体を健康にしてくれます。プリプリとした身の弾力が口の中ではじけるようで、生命を感じられます。今の時期には市場で食べ放題などやっていることもありますので、ぜひ行ってみたいものです。しかし、実際行ってみるとそんな食べられませんでした。

牡蠣肉エキスとは

牡蠣肉エキスとは牡蠣の有効成分を抽出した液体であり、主にサプリメントなどで売られています。その栄養の豊かさから「海のミルク」とも呼ばれており、疲労回復や滋養強壮効果があるとされています。タウリングリコーゲンだけでなく、ビタミンや亜鉛などのミネラルも多く含まれています。

 牡蠣肉エキスの健康効果 

代謝を助ける

亜鉛などのミネラルも含まれており、新陳代謝をサポートして血液の生成や細胞分裂を促進します。代謝が促進されることで、栄養が全身に行き渡るようになり全身の細胞が元気になります。

肝臓を強める

牡蠣肉エキスにはタウリンという成分が含まれており、胆汁の分泌を促進して肝機能を高める作用があります。胆汁にはアルコールの分解を促す働きがありますので、二日酔いを防止する効果も期待できます。また胆汁の生成にはコレステロールが使われますので、身体の無駄なコレステロールを減少させることも考えられます。

うまく牡蠣肉エキスを使うには

牡蠣肉エキスは主にシジミに含まれるオルチニンという成分と相まってより効果を発揮します。オルニチンはアンモニアの解毒を促進して、全身の健康を維持します。アンモニアはエネルギーとなるATPの生成やグルコースの生成を妨げる作用がありますので、その無毒化を助けることで健康な身体を作ります。

牡蠣肉エキスを使ったサプリメントにはあらかじめオルチニンが配合されているものもありますが、まれに使われていないものもありますのでパッケージや成分表から確認することをお勧めいたします。

オルチニン

牡蠣肉エキスの使い方と副作用

牡蠣肉エキスには肝機能の強化や滋養強壮効果といった嬉しい作用がたくさんあります。しかし、牡蠣肉エキスも他の栄養素と同じように副作用や過剰症などがありえますので、それらについてもお話いたします。

食中毒の危険

牡蠣そのものを食べる場合は、食中毒のリスクが考えられます。生で食べる場合は、居酒屋などで出されるユッケなどの生食の食べ物と同じように十分気を付けなくてはなりません。特に牡蠣においては、火を通していても食中毒になることがたびたび報告されています。私も牡蠣を生で食べることは極力避けています。

牡蠣肉エキスのサプリメントならば大丈夫なのか?

サプリメントで摂れば、食中毒の危険もなく好き嫌い関係なしでお手軽に牡蠣の栄養素をたっぷり補給できます。しかし、実際にはいくつかの副作用が報告されています。まずは牡蠣肉エキスに含まれている多くの亜鉛です。亜鉛は血液の生成をサポートして貧血を防いだり、肝機能を強める効果がありますが、サプリメントを使って長期的に摂り過ぎてしまうと腎臓障害に繋がってしまうと言われています。さらにはタウリンも豊富に含まれていますが、これを摂り過ぎることで吐き気や下痢を催すこともあるようです。

サプリメントは簡単に欲しい栄養素を摂取できてしまうので、このような過剰症を発症することもあります。しかし、用法用量を守りきちんと使えば副作用が起こることはないはずです。

関連記事:『牡蠣肉エキスの健康効果』

 


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU