牡蠣肉エキスの健康効果

この記事の所要時間: 321

牡蠣肉エキス

牡蠣は栄養豊富な冬の幸ですが、それを牡蠣肉エキスとしてサプリメントに抽出することでよ

り効率的に有効成分を摂取できるようになりました。代謝を促進して滋養を回復する健康効果

があり、食べるだけで元気が出ます。

牡蠣肉エキスの成分

牡蠣肉エキスとは、生牡蠣を煮込んだ出汁を濃縮したものであり、その栄養の豊かさから「海

のミルク」とも呼ばれています。牡蠣肉エキスの成分はタンパク質25%、糖質40%となっ

ており、そのうち糖質の半分以上がグリコーゲンです。グリコーゲンは唾液に含まれるアミラ

ーゼで消化されるので吸収が早いと言われています。他にもビタミンミネラルの他18種類も

アミノ酸を含んでいます。その豊かな健康成分から、牡蠣肉エキスには疲労回復や滋養強

壮、老化防止などの効果があります。

 牡蠣肉エキスの健康効果 

牡蠣肉エキスにはタウリンという様々な健康効果を持つ成分が含まれています。タウリンは肝

臓に効果的な栄養素であり、胆汁酸の分泌を促して肝細胞を再生させます。さらに肝臓の

中性脂肪を除去して脂肪肝と動脈硬化を予防する働きもあります。またタウリンは網膜に存在

するアミノ酸であり、目の新陳代謝を促して角膜の修復をサポートする効果もあるとされてお

ます。

さらにグリコーゲンという成分は炭水化物の一種であり、炭水化物の中でもエネルギーに変わ

りやすい性質を持っています。疲労の回復や滋養の強壮になり、魚介類に含まれているのは珍

しい成分です。

しかし他の貝にも多く含まれる亜鉛や銅などのミネラルも含まれており、どちらも身体の細胞

や血液を作るのに重要な栄養素です。亜鉛は新陳代謝に重要な成分であり、生牡蠣の状態で100g当たり13mg、成分を抽出したエキスは18mgほど入っています。亜鉛はタンパク質やDNAの合成に必要であることから、牡蠣肉エキスをとることで代謝を促して老化を防止する効果があると言えます。

 効果

牡蠣肉エキスを摂るには

 サプリメントや錠剤を使えば、手軽に有効成分を摂ることが出来ます。医薬品ではないので、

ドラッグストアなどで簡単に購入できます。

また牡蠣肉エキスに、シジミのエキスやそれに含まれるオルチニンという成分を配合させたも

のも売られています。オルチニンとは、体内でタンパク質をつくらない「遊離アミノ酸」であ

り食べ物から摂ることは難しい成分です。またシジミにはビタミンB12も豊富であり、貧血を

予防する作用があり、牡蠣肉の成分と相まってより効果を発揮します。他にも亜鉛や銅などの

ミネラルが含まれており、牡蠣肉エキスと親和性が高いと言えます。 

さらに牡蠣自体を食べるのもいいです。ぷりぷりとした身に牡蠣の甘みが凝縮されており、は

んだだけで汁があふれ出します。一応生でも食べられますが、細菌やウイルスの危険もありま

すので火を通して食べるのをお勧めします。冬に鍋に入れて食べると美味しいですよ。牡蠣は9月に産卵を終えてそれからの時期に次の産卵のために栄養を蓄えていきますので、この時期か1月が旬だとされています。ただし食べすぎには注意しましょう。亜鉛が豊富なので、一日5個食べるだけで過剰摂取になりかねません。亜鉛を摂り過ぎると、腹痛や下痢、肌荒れを起こす危険があります。

関連記事:『亜鉛を多く含む食品と野菜の上手な使い方』

まとめ

牡蠣肉エキスにはタウリンやグリコーゲン、各種ミネラルなどが含まれており、肝臓の改善や疲労回復、新陳代謝のサポートといった健康効果があります。それらを抽出したサプリメントは実に効率的に身体に良い影響を与え、さらにはシジミエキスと合わせることでより効果の出るものとなっています。天然成分由来のため安心して使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

牡蠣肉エキス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加