乳酸菌のダイエット効果

この記事の所要時間: 330

乳酸菌

牛乳やヨーグルト、チーズに入っている乳酸菌には、腸を綺麗にしてダイエットや美肌効果

あると言われています。腸内環境を整えることで、代謝を改善して栄養を身体中に行き渡らせ

て健康的なからだを作る働きを見ていきましょう。

乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌とは、乳酸を生成して身体に好影響を与える細菌の総称であり、ラクトバチルスラク

トコッカスと呼ばれる菌などがこれにあたります。主に腸内に存在する物質であり、牛乳や乳

製品から摂取することができます。糖を分解して乳酸を作り出す機能を持ち、ビフィズス菌の

役割をサポートします。 

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成する細菌であり、生物学上はビフィドバクテリウムと呼ばれ

ています。こちらも人や動物の腸内に存在しますが、酸素があると生育できない偏性嫌気性

持ちますので自然界にはあまり存在していません。ビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作り出

しますが、他にもビタミンB群や葉酸も生成します。

よく乳酸菌とビフィズス菌は混同されがちですが、厳密にはこの二つは別の物質です。乳酸菌

は牛乳などの自然由来の食材に含まれていますが、ビフィズス菌は自然に存在する食物にはあ

まり含まれていませんので、主に加工食品から摂取されます。

 

乳酸菌のダイエット効果

 

便秘の改善

乳酸菌の効果でもっとも有名なのは、やはり便秘の改善です。

腸内には「善玉菌」「悪玉菌」という二つの菌があります。善玉菌は、腸内の有用菌をさら

に増やす働きがあり、乳酸、酢酸を産生して腸の運動を促進します。一方悪玉菌は有毒物質を

発生させて腸内環境が悪化させます。さらに身体全体の免疫力を低下させ、風邪や胃腸炎など

に罹りやすくします。つまり善玉菌を増やして悪玉菌を減らすのが腸内環境や身体全体に良い

影響を与えるのです。

便秘を解消するには善玉菌が必要であり、乳酸菌には善玉菌を増やす効果があります。腸内に

は善玉菌にも悪玉菌にもなりうる前身である「日和見菌」という菌があり、乳酸菌を摂ること

日和見菌を善玉菌に誘導することが出来ます。そして善玉菌が増えればぜん動運動が活発に

なり、便秘の解消になるわけです。

 

美容効果

肌荒れの原因の一つは、腸内環境の悪化による悪玉菌の増加や代謝不良です。腸内で悪玉菌が

増殖すると、毒素や有毒ガスなどの有害物質が発生します。本来腸は摂取した食物などの栄養

を吸収して、体全体に栄養を送り出します役割を果たします。しかし、悪玉菌が増えるとこの

一連の代謝がうまくいかず栄養が十全に身体に行き渡りません。また腸内で発生した有害物質

が全身に流れていってしまい、皮膚にトラブルを引き起こします。乳酸菌を摂ることでこの肌

トラブルを未然に防ぐことができるのです。

 ダイエット

 効率的に乳酸菌を摂るには

 乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品に豊富に含まれており、摂取する一番いいタイミングは食後

だと言われています。

口から食べた食物は胃を通って腸に至り、乳酸菌はそこで効果を発揮します。しかし、乳酸菌

は酸に弱いため、胃酸で大半の乳酸菌がやられてしまい、腸で働ける菌は少なくなってしまい

ます。そこで、胃酸の分泌が弱まる食後に摂ることでできるだけ多くの乳酸菌を腸まで届ける

ようにします。

より効果を実感したい方は、カプセルの溶解度合いを調整して腸まで乳酸菌を届けられるサプ

リメントを飲むのも一つの手です。

最後に

誰しもが子どものころは給食で牛乳を飲んでいたことでしょう。それはカルシウムによって身

長を伸ばして身体のあらゆる器官を健全に成長させるための制度ですが、牛乳に含まれる乳酸

菌にはダイエットや美容に良い効果もあり大人になっても飲み続けてほしいという思いが込め

られて作られた制度でもありました。一度コンビニやスーパーで牛乳を買ってきて飲んでみま

せんか?

乳酸菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加