株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ノコギリヤシの有用成分

カテゴリー:

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは男性ホルモンに作用するとされ、主に前立腺肥大症の改善やそれに伴う頻尿改善、薄毛等に効果があるとされています。
では、具体的にはどのような有用成分や栄養素が含まれているのでしょうか。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは、北米からメキシコにかけて自生するヤシ科のハーブの植物です。名前も45cm~1mに広がるノコギリ状の特徴的な葉から由来が来ています。ノコギリヤシの果実に含まれる有効成分が、前立腺肥大による排尿の障害を予防したり、改善効果があるとされており、古くからは男性の強壮、利尿、鎮静効果のある民間薬としても利用されてきました。ここ最近では、ノコギリヤシの臨床研究も進んでおり、国によっては医薬品としての扱いをしているところもあり、今後に使用や有効成分に期待が高まる植物の1つです。

ノコギリヤシの主な成分

ノコギリヤシの有用成分を以下に挙げます。

  • オクタコサノール
    果物の果皮のワックスから発見されたアルコールの一種で、飽和アルコールに分類されています。
    オクタコサノールを摂取することによって、主にストレスへの抵抗性、運動耐久力の向上、筋肉能力の高進に効果があるとされ、ストレスや疲労回復に有用と言われています。
    ノコギリヤシが精力回復に効果があるとされるのは、オクタコサノールによるものと考えられます。
  • β-シトステロール
    植物ステロールの一種で、コレステロールに似た役割をします。
    コレステロールの吸収を抑え、悪玉コレステロールの減少に貢献するため、動脈硬化を予防する効果があり
    また、血糖値を引き下げ糖尿病の予防をしたり、女性ホルモンに似た働きをするため更年期障害の予防にも効果があります。
    男性ホルモンを整える作用もあり、この働きによって前立腺を健康に保つ事や、男性型脱毛症の改善を促します。
  • オレイン酸
    不飽和脂肪酸の一つで、善玉コレステロールを下げずに悪玉コレステロールだけを減らすことができるといわれています。
    ノコギリヤシには豊富に含まれている脂肪酸です。
  • ラウリン酸
    飽和脂肪酸の一種で、ココナッツオイルに多く含まれていることで有名です。
    抗菌作用があり、また唾液に含まれる酵素と結合することによってモノラウリンに変化し、腸内の悪玉菌を退治して善玉菌を助ける効果もあります。
  • リノール酸
    不飽和脂肪酸の一種で、くるみに多く含まれています。
    悪玉コレステロールを減らす効果がありますが、摂りすぎると善玉コレステロールも減らしてしまうので注意が必要です。
  • ミリスチン酸
    飽和脂肪酸の一種で、タンパク質に作用してしてホルモン分泌を促す役割を持ちます。
    また、免疫力を高める効能もあります。
  • パルチミン酸
    飽和脂肪酸の一種で、ビタミンAを安定させたり、善玉コレステロールを増加させて動脈硬化を予防したり、皮脂の過剰分泌を抑えたりする効果があります。

上記のオレイン酸をはじめとした脂肪酸が、膀胱と前立腺の筋肉に働きかけ、過剰な筋肉収縮反応を抑制し、排尿症状を緩和させる効果があるとされています。

ノコギリヤシを摂取する際の注意点

ノコギリヤシには基本的に副作用はないと言われていますが、上記のような有用成分が含まれていますので、摂りすぎには注意が必要です。
まれにアレルギー反応を起こしたり、胃腸に不調が出たりすることもあるようです。

まとめ

ノコギリヤシには前立腺肥大や脱毛症への効能だけでなく、動脈硬化の予防への効果がある成分も多種存在しています。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。