新しいにんにく、「無臭にんにく」の健康効果

この記事の所要時間: 324

無臭にんにく

口臭が気になって、餃子を人前で食べるのがためらわれる。そんな経験がある方もいらっしゃ

いますでしょう。そんな悩みを解消してくれる新たなにんにく、「無臭にんにく」が誕生いた

しました。無臭にんにくが持つ素晴らしい健康効果を見ていきましょう。

 

無臭にんにくとにんにくの違い

 『「無臭にんにく」も「にんにく」もにおいがないだけであとは同じでしょ?』そう感じる方

も多いと思います。しかしこの二つはかなり別物なのです。

まず大きさが違います。無臭にんにくは、従来のにんにくと比べて68倍も大きく、有機肥料

によって栽培された完成度の高いにんにくなのです。さらに当然ながらにおいも少ないです。

通常のにんにくの1/14程度と言われており、食べた後のにおいが気になることもありません。

『においが薄まった分効果も薄くなったんじゃないの?』そんなことはありません。日本食品

分析センターによる一般食品分析では、従来のにんにくに劣らない栄養価を持つことが説明さ

れています。

 

無臭ニンニクの健康効果

疲労回復や滋養強壮効果があります。にんにくに含まれるアリシンという成分は、ビタミンB1

を体内への吸収を促進する作用があります。ビタミンB1は身体の疲れを取り、滋養を回復する

効果がありますので、にんにくをとることで元気になります。

また血管を拡張させる働きや動脈硬化を予防する効果もあります。にんにくに含まれる硫黄化

合物が赤血球と反応して出される硫化水素が血管を拡張させると言われています。

にんにくには善玉コレステロールが含まれており、血管内の余分なコレステロールを除去して

くれます。さらにはにんにくには肝臓におけるコレステロールの生成を遅らせる働きもあり、

総合的にコレステロール値を下げることが出来ます。これらの効果によって、動脈硬化を予防

して健康的な身体をつくることができるのです。

スコルジンという成分も新陳代謝を活性化させて、栄養の吸収を促進する効果があり身体を元

気にしてくれます。

 効果

無臭にんにくの食べ方

これまでにんにくを使った料理と言えば、餃子に入れたりチップにして肉料理にかけたりする

のが主流でした。

しかし無臭にんにくはにおいが少ないので、炒め物やパスタなどに直接入れて食べることがで

きます。実際に作って食べてみると、ニンニクを食べているのに口臭が気にならないのが新感

覚でした。

あるいは今流行りの黒にんにくにして食べる手もあります。高温かつ湿度の高い環境に3〜4

週間ほど成分が熟成し、黒にんにくができあがります。ご家庭でも炊飯器の中ににんにくを置

いておくだけでできますので簡単です。熟成の過程で汁が出てくることもありますので、巻き

すなどを敷いて底から浮かしておくとより美味しく出来上がります。無臭にんにく以上ににお

いがなく、胃への刺激が少ないのでお子様やお年を召した方にお勧めです。

黒にんにく

無臭にんにくならではの食べ方もあります。

それが「ニンニクのアルミホイル焼き」です。皮をむいたニンニクに背包丁を入れ、ホイルに

包んだにんにくにごま油小さじ1杯と醤油大さじ1杯を垂らして15分ほど焼けば完成です。とき

どきホイルの向きを変えて、均等に火が通るようにすればより美味しく仕上がります。通常の

にんにくで作ると、とても人前に出られるにおいではありませんでしたが、無臭にんにくで作

るとほとんど気になりませんでした。かなり滋養はつきますので、無臭にんにくを余らせたと

きにはお勧めです。

 

これまでにんにくは口臭の原因となることから敬遠されがちでしたが、無臭にんにくの登場や

調理技術の発展によって問題にならなくなってきました。健康効果や滋養効果があって、食べ

ると元気になるにんにくを食べてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加