株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ナイアシンの効能と副作用

カテゴリー:

ナイアシンとはビタミンの一つであり、皮膚や粘膜の保持や二日酔いの防止などの効能があります。サプリメントからでも摂取できますが、医薬品としても使われるほど効果のある栄養素なので誤った使い方をすると副作用を起こしますのでご注意ください。

ナイアシンについて 

ナイアシンと聞くと独自の栄養素のように思えますが、実はビタミンB群に分類される栄養素であり、体内にもっとも多く存在しているビタミンです。かつてはビタミンB3と呼ばれていましたが、混同を避けるためB1B2B12を除いてビタミンB群には別の名前がついています。

ナイアシンは、食品から摂取した糖質や脂質をエネルギーに変換するのに必要な物質であり、エネルギーを生成する酵素の作用を助ける補酵素として、エネルギーを生み出す働きの60~70%をサポートしています。

効能

・粘膜や皮膚を健康に保つ

ナイアシンは体内に入ると、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド、nicotinamide adenine dinucleotideという補酵素に変化します。その後体内のほかの物質と結びつき、NADP (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸、nicotinamide adenine dinucleotide phosphateとなり、脂肪酸が合成される際に水素を供給する役割を果たします。NADと同じように、生体内の電子伝達に寄与しています。

またDNAやホルモンの生成にも関わっており、この作用からターンオーバーの激しい粘膜や皮膚を健康に保ちます。

 

・二日酔いを防ぐ

飲んだお酒のアルコール分は肝臓でアセトアルデヒドという毒素に分解され、これが二日酔いの原因となります。この後さらにアセトアルデヒドは脱水素酵素によって解毒されますが、このときに作用する解酵素はNADを補酵素として利用しますので、ナイアシンがアルコールの分解・無毒化に役立ちます。

 

・血行を促進する

ナイアシンには毛細血管を広げて血行を改善する効能があります。血行が良くなると、冷えや肩こりなどが解消され、QOLの上昇につながります。

また医療的な場面でもナイアシンは薬としても使われているほどナイアシンの血行促進効果は有用です。

 

副作用

 

通常ナイアシンを食事からとるときに副作用は見られませんが、サプリメントなどで過剰に摂取すると何とかの症状が見られます。健常な人の場合は、皮膚が炎症を起こしてかゆみが見られる、肝機能障害の症状が出るということがあります。また糖尿病や肝疾患などを持つ方は、ナイアシンを過剰摂取すると血糖値の上昇や尿酸値の上昇のリスクがあります。

肝機能に作用する栄養素なので、主に肝機能障害が副作用として見られますが、過剰摂取以外に副作用はほとんど報告されていませんので皮膚のかゆみなど徴候が現れたら、即時サプリメントの使用を中止することをおすすめします。それでも症状が改善しない場合は他の要因が考えられますので一度医師に相談しましょう。

意外な効能

ナイアシンを二日酔いの防止対策などでサプリメントから摂取する方もいらっしゃいますが、基本的に食事から摂取できる量で充分な量がとれますので特に問題ありません。むしろ過剰症リスクがありますので、避けた方が無難でしょう。

しかしナイアシンの欠乏によって現れる症状もありますので、その際にはサプリメントの使用や病院に行くことをお勧めします。あまり知られていませんが、うつ病や統合失調症はナイアシンの代謝異常から引き起こされることもあります。ペラグラという幻覚を伴う症状が有名であり、この場合はナイアシンを補給しましょう。このような精神的作用からナイアシンは「快眠のビタミン」とも言われています。

関連記事:『ナイアシンが肌にもたらす効果』


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。