モロヘイヤの栄養価と効果・効能

この記事の所要時間: 32

モロヘイヤ

モロヘイヤは名前は知っているけれど、あまり意識して食べたことがないという人も多いのではないでしょうか。実は、あの三大美女のクレオパトラも好んで食していたと言われているスーパー野菜の栄養価と効果・効能について纏めてみました。

・モロヘイヤとは

モロヘイヤとはシナノキ科ツナオ属の緑黄色野菜です。アフリカ北部からインド西部が原産となっています。食用としての歴史も古く5000年以上前からエジプトでは普及していた野菜です。そんなモロヘイヤには、さやと種と枝には毒があるので食べられず、主に葉の柔らかい部分が食用とされています。葉を包丁でたたき細かく刻むと粘りが出てくるのが特徴です。

モロヘイヤの毒はストロファンチジンという成分で、身体に取り込まれると吐き気や下痢を起こさせ、場合によっては死にいたります。とはいえ、スーパーで売られているものや、加工して食品に混ぜてあるものはきちんと危険部位を除いているので、安心して摂取できます。

とても栄養価が高く、重病のエジプトの王様がモロヘイヤを食べたことで治ったことから、モロヘイヤは古くから「王様の野菜」と呼ばれ珍重されてきました。

日本では1980年頃に栽培が始まった比較的新しい野菜ですが、そのまま野菜として食べられるよりも、青汁の原料としてのほうが有名です。

・モロヘイヤの栄養価と効能

モロヘイヤは野菜の中でも栄養価が豊富です。健康食品として古くから愛飲者が多い青汁の原料となっていることからもわかるでしょう。主な栄養成分はβ-カロチンビタミンKカルシウム、カリウムですが、他にもビタミンやミネラルがたくさん含まれています。

モロヘイヤに期待できる効能は以下の通りです。

1.老化防止

モロヘイヤに含まれているβカロチンやビタミン類やケルセチンには抗酸化作用があるので、身体をさびさせる活性酸素から身体を守ってくれ、いつまでも若々しい身体を維持してくれます。

2.生活習慣病予防

抗酸化作用は血管年齢が高くなることも防いでくれるので、動脈硬化の予防にも繋がります。モロヘイヤに含まれているカリウムはナトリウム(塩分)を体外に排出する働きがあるので、高血圧予防にも期待ができます。また、ムチンやマンナンには血糖値が急上昇するのを抑える働きがあるので、糖尿病予防にもなります。よって、生活習慣病にかかりにくい身体を維持できるのです。

3.美肌効果

モロヘイヤに含まれているビタミンCやビタミンEにはコラーゲンを生成し、肌のターンオーバーを正常に機能させる効果があります。特にモロヘイヤは野菜の中でもビタミンEをもっとも多く含んでいます。ビタミンEは「美肌のビタミン」と呼ばれるほどシワ、シミ、ニキビ、などお肌のトラブルを改善する力が強い、美容に欠かせない栄養素です。

4.粘膜の保護

モロヘイヤの特徴である粘り気に含まれいているムチンは身体の粘膜を保護してくれる働きがあります。胃酸から胃の粘膜を守ってくれたり、鼻や口の粘膜を強化し、体内に危険なウイルスや細菌が侵入するのをガードしてくれます。

5.便秘の解消

粘り気には水溶性の食物繊維が豊富です。食物繊維が腸の中を掃除してくれるので、お通じがよくなり、便秘が解消されます。

まとめ

モロヘイヤはスーパーでも気軽に買える野菜です。自宅で栽培する人は毒があるので注意が必要となります。スーパで売っているモロヘイヤ気軽に食べれる野菜ですが、忙しい現代では野菜が食べる量が少ない日もあると思います。そんなときはサプリメントなどで摂取するのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加