マヌカ精油(マヌカオイル)の効果効能と使い方

この記事の所要時間: 337

Mnuka Oil

マヌカハニーで有名なマヌカ、そのマヌカの木から作られているマヌカ精油マヌカオイル・マヌカエッセンシャル)マヌカハニーでも素晴らしい効果効能があるのですが、マヌカ精油にも様々な素晴らしい効果があります。                                                                         マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

マヌカ精油(マヌカオイル・マヌカエッセンシャル)とは

image

ニュージーランドに昔から生息しているフトモモ科でピンク色の綺麗な花を咲かせる木から採れる精油です。オーストラリアのティートリーの遠縁の植物で、ニュージーランドのティートゥリーとも呼ばれていますが、効果はティートリーの20~30倍の抗菌活性作用があると言われており治療用オイルとしても使われております。マヌカハニーと一緒に最近の注目されている一つです。香りはティートリーと全く異なります。甘みがあり、どことなく懐かしい趣のあるマヌカの香りは、とても淡くて優しく穏やかでフローラルな花の香りがします。

マヌカ精油(マヌカオイル)の効果効能

new-zealand-manuka-honey-1

マヌカ精油(マヌカオイル・マヌカエッセンシャル)の主な効能として                            ★精神、心への効果効能は

穏やかな優しい香りが、心にも落ち着きや癒しを与え、忙しかったり、つまらないと感じている時は、毎日が輝いて、幸せがあることを気づかせてくれます。自分の感情をうまくコントロールできるようし、ストレスの緩和や精神安定にも効果的です。

★身体への効果効能                                                                                                強い鎮痛作用は、筋肉痛や腰痛、関節痛に効果的です。呼吸を楽にし、ストレスや傷み、筋肉の緊張などを軽減させてくれます。高い抗菌作用と殺菌作用から様々な皮膚のトラブルに大きな効果があります。

  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 抗真菌作用
  • 防虫作用
  • 鎮静作用
  • 筋肉痛の緩和
  • 解毒作用
  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗アレルギー作用
  • 脂性肌のバランス調整
  • 口唇ヘルペス
  • 口内炎
  • 歯肉炎
  • 関節炎
  • かゆみの緩和
  • ニキビの改善
  • 皮膚疾患
  • 消炎作用
  • 水虫、たまむしの緩和
  • 抗感染作用
  • その他ほとんどの皮膚炎症
  • 蚤よけ、蚤退治、ダニ退治
  • フケの防止
  • 口内ケア
  • デオドラント作用

マヌカ精油(マヌカオイル)の使い方

Mnuka Oil

  • 筋肉痛や関節炎などには、筋肉疲労部へ塗りマサージしたり、また関節へ直接すりこん使用するのが良いでしょう。
  • アロマディフューザー等にマヌカオイルをお水に垂らして蒸気を発生させることにより、咳、風邪、流行性感冒、充血した肺などの症状を和らげ予防もできます。
  • シャンプー時に数滴使用すると、頭皮のトラブルを抑える効果があります。
  • ニキビには、洗顔後にコットン等にマヌカオイルを染み込ませたものを患部につけて使用してください。
  • アロマバスとしても使用できるので、オイルを3~5滴程度バスタブの中に落として、よくかき混ぜた後、お湯に浸かり。お湯の温かみと一緒にマヌカオイルの香りが心身をリラックスさせてくれます。
  • 蚤、ダニ退治として、スプレーボトルに50mlの水を入れ、10滴ほどマヌカを落として、吹きかけたり、ペットに直接吹きかければ蚤やダニ避けにも使用できます。

★1995年から長年の実績とともにマヌカ精油をご提供しているTCNの100%純粋マヌカオイルはこちらから

マヌカオイル_684x200

まとめ

マヌカはハチミツにしても効果があり、オイルにしても様々な効果があるので、日常生活の一部として取り入れれば日常のストレスから解放されるかもしれません。是非、リラックスしたいときのお勧めの一本です。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)