乾癬対策にもマヌカハニー

この記事の所要時間: 520

マヌカ

皮膚病の一種のとされている乾癬には色々な種類があり、その殆どが尋常性乾癬です。乾癬や対策にもマヌカハニーが良いと言われています。

乾癬とは

atopy

乾癬とは、皮膚が赤くなって盛り上がり、表面に雲母(うんも)のような白い垢(あか)が厚く付着して、その一部がポロポロとはがれ落ちる病気で、ヨーロッパやアメリカでは患者さんが多く、皮膚病といえば乾癬を指すほど一般の人にも広く知られていますが、日本では欧米ほど頻度の高い皮膚病ではありませんが、日本においても生活習慣の変化とともに患者さんが増え約10万人(1000人に1人の割合)といわれております。男女比は2対1で男性に多く、主に30〜40代に発病します。女性では、10代と50代の発病が多いです。また名前からの想像でうつるか思う人もいるかもしれませんが、周りの人に移る病気ではありません。

乾癬の種類

  • 尋常性乾癬(じんじょうかんせん)

乾癬の大半は尋常性乾癬です。頭皮を含む全身の皮膚に百円玉大の皮疹が多く点在して白い鱗屑(白くて薄いかさぶたのようなもの)があらわれます。症状が悪い場合には皮疹と皮疹がつながり大きな皮疹になり、痒みはアトピー性皮膚炎に比べて少ないですが、症状の悪化や使用している薬によっては痒い場合があります。経過が慢性になると爪に凹凸が生じたり(爪乾癬)、関節症性乾癬や膿胞性乾癬に移行してしまうこともあります。病気の経過は極めて慢性であり自然に治るということは稀です。

  • 滴状乾癬(てきじょうかんせん)

1センチ以下の小さな皮疹が数多く散在する症状で尋常性乾癬に比べて鱗屑の発生が少なく、発症した後、軽快していくことが特徴です。風邪をひいた時や季節的に急激に発症しすぐに回復することを毎年繰り返すということが多い傾向ですが、病気が悪化して尋常性乾癬に移行することもありますし、逆に自然に治ってしまうこともあります。

  • 関節症乾癬(かんせつしょうかんせん)

乾癬の皮膚症状に加え、強い関節痛を伴います。発症している場所によって歩行に支障を来したり、自由に物が持てないなど生活に不都合が生じることが多くあります。乾癬の割合としては1-2%程度です。残念ながら、まだなかなか良い治療方針がないのが現状で、そのために入院治療や関節の手術が必要になることもあります。

  • 乾癬性紅皮症(かんせんしょうこうひしょう)

乾癬の状態が進行して通常の皮膚が見えなくなるほどの状態で、皮膚のほとんどが赤く炎症を持った状態です。正常な皮膚の代謝が出来なくなるため、皮膚の腫れや発熱、それに伴う倦怠感が生じます。

  • 膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)

膿庖性乾癬は乾癬の中で重い病気です。国の指定する難病(特定疾患)とされており、国の公費負担で治療を行うことができます。膿庖性乾癬には限局性と汎発性があり、前者は体の一部に膿庖を伴う皮疹が現れるもので手足だけに膿庖ができる掌跡膿庖症と診断される場合もあります。後者は全身に膿庖が広がる重症のもので、全身症状を伴うため注意深く治療を進めていく必要性があります。皮疹に黄色あるいは白色で粟粒状の膿庖(化膿した皮疹)が現われ、皮膚の症状の他に全身症状として高熱や倦怠感を伴います。また、膿庖性乾癬では関節症状を合併する例がとても多くなります。

原因

women_ol_2

乾癬の原因は…今の段階では完全にはわかっていないです。血縁の家族に乾癬がみられる場合は、体質が発病に関係しているようですが、日本では家族内に乾癬の人がいる場合は5%程度と多くありません。欧米では家族内発症が20~40%と高率です。乾癬が起きやすい体質に、扁桃腺炎などの感染症、薬物、外傷などの外的因子や、肝臓病や糖尿病、ストレスなどの内的因子が複雑に絡み合って発病したりすると考えられており。また戦後に増加した病気であり、もともと欧米人に多い病気であることから、食事の西洋化が関係しているのではないかとも言われています。

治療方法

  • 外用療法

ステロイド外用薬…白血球の活動や血管の拡張を抑えることで炎症を鎮める薬剤で、特に紅斑の治療に効果的です。効果が比較的早く現れますが、長期に漫然と使用することで皮膚萎縮や毛細血管拡張などの副作用が生じます。

ビタミンD3外用薬

乾癬になった皮膚は表皮細胞が異常な速さで増殖しています。増殖を抑え、正常な皮膚に導くのがビタミンD3で、鱗屑や皮膚の盛り上がりの改善に効果的です。効果が現れるのは比較的遅い薬剤です。1度に決められた量より多く塗るなどの誤った使い方によって、のどの渇き、脱力感、食欲不振などの全身性の副作用が起きることがあります。

マヌカハニー

抗菌、抗ウイルス、抗真菌の作用が、証明されており、皮膚病には良いと言われてます。他の薬と違い副作用が無いのが特徴です。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

  • 光線療法

紫外線には波長によって種類がありますが、効果が認められるのは、中波長紫外線(UVB)と長波長紫外線(UVA)です。一般的になってきたのが、UVBに含まれる有害な波長を取り除き、治療効果が高い波長のみを使う”ナローバンドUVB療法治”で、治りにくい部位や光が届きにくい部位の治療に有効な”ターゲット型エキシマランプ”も普及してきています。紫外線は太陽光線に含まれていますので、適度に直射日光を浴びることも推奨されています。

  • 内服療法

皮膚細胞の異常増殖を抑えるレチノイド(ビタミンA誘導体)、免疫反応を抑えるシクロスポリン(免疫抑制薬)などの内服療法が用いられます。レチノイドは単独で用いる場合と、光線療法と組み合わせる場合があります。

  • 生物学的製剤

バイオテクノロジーを用いて開発された”生物学的製剤”が用いられ。皮下注射と点滴の2種類があり、病変部位に大量に出ている炎症にかかわる物質を抑制する働きがあります。

まとめ

乾癬にかかってしまったらうまく付き合っていかないといけなく、普段の治療プラス、マヌカハニーを塗りながら肌の保湿をケアをすれば少しでも改善効果が見れるかもしれません。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加