アクティブマヌカハニーで胃がん予防、効果

この記事の所要時間: 213

マヌカハニー

ガンに効果的で話題のマヌカハニー!中でも活性強度の強いアクティブマヌカハニー摂取で胃がん予防効果をまとめてみました。マヌカハニーについては⇒マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

マヌカハニー摂取でピロリ菌除菌とその効果!

胃がんとは

stomach

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になったものです。主な原因としては、いくつかのリスク要因が指摘されており、喫煙や食生活などの生活習慣やピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)が原因とされると言われております。

胃がんは特に日本人に多いがんの一つで1988年まではガンの中での死因のトップでしたが、早期発見できれば100%治癒できると言われております。マヌカハニーがピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)に効果的な事についてはこちら⇒マヌカハニー摂取でピロリ菌除菌とその効果!

胃がんの症状としては早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸焼け、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こるので、査を定期的に受けて早期発見するのが一番です。稀に胃炎や胃潰瘍の場合でも、内視鏡検査などで偶然に、早期胃がんが発見されることもあります。

ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

マヌカハニーで胃がん予防

マヌカハニー

マヌカハニーで胃がん予防ができる大きな効果は、胃がんの原因となるピロリ菌を撲滅、抑制をしてくれるからです。マヌカハニーに含まれているMGOによってピロリ菌を撲滅抑制をしてくれるので腸内の善玉菌を活性化し、悪玉菌を殺菌する働きがあるため、腸内環境を整えることにも働きもあるので、腸内環境を整えることで胃がんの予防ができるのです。マヌカハニーのMGOは数値が高ければ高いほど殺菌能力が強いのでマヌカハニーを選ぶ際はMGO値が高いものをお勧めします。

人にっては胃がんに限らず、ガンの進行を抑えられたというお話を聞きます。医学的に不明なことが多いマヌカハニーです。副作用なども特に聞いたとことが無いので胃がん予防にはお勧めだと思います。

まとめ

胃がんの人、胃がんが完治した人、ピロリ菌が除菌した人、除菌したい人にはお勧めのハチミツです。ガン予防にもってこいのハチミツはマヌカハニーです。特にピロリ菌を除菌した人はピロリ菌を持っていない人よりかかり易いので、再度保菌する可能性もあるので、日々摂取するのをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)