マヌカハニーは花粉症対策に効果的?

この記事の所要時間: 321

MGO1100

奇跡のはちみつ”とも言われている話題のマヌカハニー!そんなマヌカハニーは、つらい花粉

にも効果があるようです。そんなマヌカハニーには花粉症の他にも様々な効果があります。

マヌカハニー

マヌカハニーとは、フトモモ科の低木でニュージーランドに自生しているマヌカの花からとれ

るはちみつです。ニュージーランドに自生しているマヌカの木でも、南島のマヌカよりも北島

に生えているマヌカの花から採れるマヌカハニーは特別とも言われています。

マヌカハニーについて詳しくはこちら

元々、はちみつには殺菌効果が高く、栄養価が高い食べ物と注目はされていますが、特にマヌ

カハニーが凄いとされているのかは、マヌカハニー特有の成分とも言われているメチルグリオ

キサール(MGO)が含まれているからです。しかし、このメチルグリオキサールはマヌカハニ

ーでも全てに含まれている訳でなく、メチルグリオキサールの含有量は収穫地などの諸条件

(土壌の質や木々の密度等)で異なっています。そのため、研究所で検査して数値を出しても

らっているマヌカハニーが信頼のおけるマヌカハニーになります。このメチルグリオキサール

に強い殺菌効果があり、”MGO数値”の数値が高ければ高いほど殺菌効果が高い事になります。

メチルグリオキサールについて詳しくはこちら

花粉症

花粉症を知らない方はいないと思いますが、花粉症の中でも有名なスギ花粉の花粉症の人は、

増加の一途をたどっており、今や日本人の3~4人に1人は花粉症を患っているといわれてお

り、大きな問題の1つでもあります。病気ではないですが、花粉症の方には2月から4月ごろま

で、くしゃみや鼻水、目の痒みに日々で辛い時期でもあります。中には皮膚まで荒れてしまう

方もいます。花粉症の原因は飛散する花粉ですが、飛散する花粉を体内に取り込むと、アレル

ゲン(アレルギーを起させる物質)と認識して、それを排除しようと起こる防衛反応です。

花粉が体の内に侵入してくると、その花粉(異物)に反応するIgE 抗体というものが作られ

、そのIgE 抗体は肥満細胞の表面に付着し、再び侵入してきた花粉がIgE 抗体に結合すると、

肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されて、辛いくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の

かゆみなどの症状が出てくるのです。

マヌカ684x200

マヌカハニーで花粉症対策を

マヌカハニーで花粉症の対策として有効的な研究データは無いようですが、摂取している方た

ちの声からは効果があるようです。マヌカハニー特有の成分メチルグリオキサールにピロリ菌

の除菌する力の他に免疫力アップの効果もあり、マヌカハニーを摂取することによって一般的

な腸内の悪玉菌の活動の抑制から殺菌までを行うことが出来るため、腸内環境のバランスが良

くなり、免疫力アップし体質改善がされて、花粉などのアレルギーに対して体が強くなってい

からです。体質改善には、数回マヌカハニーを摂取しただけでは不可能なので、日々、マヌカ

ハニーを摂取するのをお勧めいたします。特に空腹時にティースプーン2-3杯を摂取するのが

オススメで口の中で舐めまわすようにして食べるのがよいです。マヌカハニーの味に対して抵

抗がある方は、コーヒー、紅茶などにや、料理の砂糖の代わりに使用して摂取してもらっても

構いませんが、はちみつに含まれている、栄養価や酵素は壊れてしまいます。メチルグリオキ

サールは熱に対しても強いので、メチルグリオキサールの効果は下がることなく摂取すること

はできます。

その他効果

マヌカハニーページ 一覧

海外では医療レベルの食品として取り上げられている国もあります。マヌカハニーは今後も更

なる効果が発見されるとされているので、今後もマヌカハニーのパワーに期待したいと思いま

す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加