インフルエンザ予防対策の食事にマヌカハニー

この記事の所要時間: 256

390

毎年、必ず流行りが来るインフルエンザ。インフルエンザの予防対策の1つとして、マヌカハニー効能で免疫力を付けて感染をしにくい身体づくりを!

インフルエンザ

p152

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスがのどや気管支、肺で感染・増殖することによって発症する病気で、インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。原因となるインフルエンザウイルスは、大きく分けて、A型、B型、C型の3つに分類されており、「季節性」のインフルエンザとしてヒトの間で毎年流行を繰り返しているのは、A型のA/H1N1型(ソ連型)とA/H3N2型(香港型)、そしてB型のウイルスでした。

感染経路

感染経路は、おもに飛沫感染で、感染した患者さんの咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるインフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染します。吸い込んだインフルエンザウイルスは、気道の粘膜に吸着して細胞内に侵入します。感染したウイルスは、のどや気管支、さらには肺で急激に増殖していきます。感染して約2日後にはウイルスの増殖はピークに達し、その後減少します。

主な症状

症状として、風邪とははっきり異なっており、風邪の場合は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症で、発熱、頭痛、食欲不振なども起こることもありますが、インフルエンザの症状は、感染してから1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感、筋肉痛などの全身症状や咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状などが現れ、場合によっては気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。だいたい3-7日間程度症状が続いた後に回復に向かいますが、風邪と比べて症状が重いのが特徴です。

予防対策として

jinbutu(48)

インフルエンザの予防対策の1つとして日頃から免疫力を高めておけば予防につながります。一番良い予防法は、流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けることです。ワクチンの接種で、インフルエンザに感染しにくくなりますし、かかったとしても軽い症状で済むことが多いです。しかし中々予防接種を受ける時間や受けに行くのが面倒な方は免疫力を高める方法があります、免疫力を高める簡単な方法として食事からがあります。

免疫力を上げる食事としては
  • 鶏肉…タンパク質が豊富に含まれていて、免疫細胞の原料となるので、積極的に摂りいれたい1つです。
  • 小松菜…ビタミンA、K、B群、C、カルシウム、カリウムが多く含まれていて強力な抗酸化食品です。
  • 発酵食品…乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整えて免疫力を維持に役立ちます。
  • 大根…大根の辛み成分であるイソシアシアネイトには、抗酸化作用があります。
  • 長芋…タンパク質の分解を助けるネバネバ成分であるムチンを多く含む食品で、さらに消化酵素も多く含むので免疫力をアップする力を持っています。
  • マヌカハニー…マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールの殺菌効果で喉に付いた菌の殺菌をしてくれる上に、ハチミツに含まれる保湿成分で喉の乾燥を防いでくれます。

まとめ

インフルエンザの予防には、予防接種が一番ですが、予防接種を受ける時間が無い方が、日々の食事で免疫力を高めて、うがいやマスクを着用して予防に努めると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加