胃潰瘍の食事にマヌカハニーを

この記事の所要時間: 48

MGO1100

胃潰瘍を効率よく改善するにはマヌカハニー食事の中に取り入れてみるのはどうでしょうか!マヌカハニー殺菌効果を試してみてください。特に慢性胃潰瘍の場合はマヌカハニーがお勧めです。

胃潰瘍とは

l_090

胃潰瘍の潰瘍とは、胃酸が何らかの症状で胃の粘膜の下にある筋層まで消化してしまい、胃壁がただれて傷つき、ひどいと筋肉までえぐり取ってしまう症状です。胃潰瘍には、急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍があり、急性胃潰瘍は、浅い不整形の潰瘍が多くでき慢性胃炎は円形で単発で発生する傾向があります。これら胃潰瘍は十二指腸潰瘍と合わせて、消化性潰瘍と言います。

  • 症状

食事中か食後少し時間が経過するとしんかんぶ痛( みぞおちの痛み)背中の痛みがはしり(みの程度は人によって様々で、痛みを感じない人もいます)、軽食をとると軽快する傾向にあり、このような症状は潰瘍の活動期に起こりやすく、治癒期に入ると無症状です、潰瘍の最悪の場合は、食後や空腹時を問わず痛みがはしり、高齢者の場合では胃潰瘍の出血が、心筋梗塞や狭心症の引き金となるケースもあります。他には、胸焼けや、酸っぱいゲップ、吐き気を感じたりします。潰瘍が進行すると出血を伴うことがあり、動脈から噴き出すような出血や、ジワジワ染み出る出血などがあり、出血していると黒褐色の血を吐いたり、コールタール便(黒い便)が出るときは胃の中で出血をしている可能性があります。さらに潰瘍が進行すると、胃に穴があいてしまうと、激しい痛みが出現し、腹膜炎という極めて重篤な炎症を起こすことがあります。

胃潰瘍の原因

shutterstock_69626293

胃潰瘍の主な原因として、健康な胃は、胃酸(強酸性でph1 – 1.5 程度)から胃を守るために胃粘液を分泌して胃粘膜の表面を覆ってバリアを張っていますが、過労や精神的なストレスなどで自律神経の働きが乱れると、胃酸(胃粘膜を攻撃する力(胃液中の胃酸やペプシン))と胃粘液(胃粘膜を守る働き(表面上皮と粘液))のバランスがくずれて胃酸が多すぎる状態になり、胃酸の消化作用によって、自分の粘膜が攻撃されることになり、攻撃側が優位になった状態によるものです。その結果、胃酸が胃の粘膜を傷つけて潰瘍ができます。他にも脳や肺、肝臓などの慢性病や、解熱消炎鎮痛薬、降圧剤などを継続して服用していると胃酸過多な状態になり、胃潰瘍の起きる原因になることもあります。また近年では胃潰瘍の70-90%がピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)に感染していることからピロリ菌が主な原因ともされています。

ピロリ菌についてはこちら

マヌカハニーでピロリ菌を除菌

MGO1100

胃潰瘍にかかっている人の70-90%がピロリ菌に感染しており、それが原因とまで最近分かってきました、ピロリ菌の除菌に有名なのがマヌカハニーです、マヌカハニーを普段の食事のなかの1つとして摂取すればマヌカハニーでピロリ菌は確実に除菌の有用性があります。ハチミツ自体に殺菌効果があるのですが、特にマヌカハニーにはメチルグリオキサール(MGO)と言う強力な殺菌成分があり、このメチルグリオキサールは黄色ブドウ球菌さえも殺菌してしまう力があります。メチルグリオキサールについてはこちら                 特に慢性胃潰瘍の場合はピロリ菌が住み着いている可能性が更に高いので、ピロリ菌除菌は必須となります。医者で処方してもらえる抗生物質は、強力な薬で、7日間飲み続けなければいけなく、もし除菌できなければ耐性ついてしまい、次の薬を使用するのですが更に強くなり、作用と良い菌までも殺してしまうことになります。2回目の薬の投与がダメだった場合は対策はありません。薬に頼らず自然に治したい場合はマヌカハニーをお勧めします。特にMGOの数値によって殺菌効果が変わってきます、高い数値の方が確実除菌できます。高い数値になると高くなりますが、弱い数値のを何回か買うよりはお得です。

まとめ

胃潰瘍の元となる原因はピロリ菌とわかっているのは確かなので、特に慢性胃潰瘍の方はピロリ菌の除菌をお勧めします。薬を選択はマヌカハニーなどを摂取するかはご自身で決めてもらえれば大丈夫ですが、ピロリ菌にかかった人は、再度ピロリ菌にかかり易い胃なので、除菌後も定期的に胃のケアをした方が良いです。

★注意★

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が稀に混入している危険があり、 1987年から厚生労働省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)