喉の痛みやケアにマヌカハニー(はちみつ)が効果的

この記事の所要時間: 331

MGO1100

乾燥した時期や、乾燥した部屋で過ごすと、を傷めやすいです。特にを傷めやすい方や痛みがある人は、はちみ食べ方ケアができます、特にはちみつの中でもマヌカハニーへの効果は抜群です。

マヌカハニーの賢い選び方と食べ方、使い方

ハチミツの摂取量、摂取タイミングと効果効能

喉の痛みの原因

unnamed

喉の痛みは誰もが経験したことはあると思います、喉の痛みの原因はたくさんあります、本日はハチミツで対処できる喉の痛みを紹介したいと思います。喉は食べ物、水分を食べた時の通り道と呼吸する時の酸素の通り道です。喉は空気に含まれているウイルスや細菌に常にさらされている状態だけにあって、病原体に感染しやすい部位になります。主な喉の痛みとしては、風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌に対する免疫反応大きな声を出し過ぎ、のどを酷使した等で、共通しているのは、喉が炎症を起こしたためですが、炎症を起こす箇所や炎症の種類が異なります。一般的に風邪の時に炎症を起こしやすい箇所は、扁桃腺・咽頭(上咽頭・中咽頭・下咽頭)。大声の出し過ぎや、たばこの吸い過ぎ、お酒による炎症箇所は、喉頭になります。

具体的な原因として、空気の乾燥は粘膜を傷つけやすく、何といってもウィルスへの防御力が低下してしまうことです!空気の人為的な乾燥の原因としては、エアコンや暖房器具のつけ過ぎで、部屋が乾燥してしまうことです。乾燥は喉への大敵ですので部屋の乾燥をさせないよう注意してください。

お酒やタバコは喉への粘膜へ直接刺激を与えるので、炎症を引き起こす原因になっています。風邪の兆しなどの喉の痛みの、中咽頭・下咽頭の炎症でしたら”咽頭炎”で、上咽頭が炎症しているときは”上咽頭炎”になり、共に頭痛や発熱、咳などを伴うケースが多いです。インフルエンザやウイルス感染の炎症は、喉頭蓋炎や扁桃腺炎などがあります。

喉の痛みにマヌカハニー

喉の痛みを感じたら、ハチミツを舐めると良いでしょう!ハチミツには抗菌作用と保湿力が高い食べ物です。上記に述べた喉の痛みの原因は喉の粘膜が乾燥をして防御力が低下したときに喉の炎症やウィルス感染をしやすいので、ハチミツの保湿力で喉の乾燥を防ぎ、更に殺菌作用で喉に付いたウィルスを殺菌してくれるのでW効果で嬉しい限りです。特にハチミツ中で強力な殺菌作用と保湿力があるのがマヌカハニーです。マヌカハニーには黄色ブドウ球菌さえも殺菌してしまう効果がありますので、素早く簡単に喉のケアをしたいときにお勧めです。使い方も簡単で寝る前などに、マヌカハニーを舐めて寝るだけで喉の粘膜の保護ができ乾燥を防いでくれるのです。因みにマヌカハニーは口臭予防効果もあるので朝起きた時、口の中もスッキリです。

仕事がら喉を傷めないように日ごろからケアされている芸能人や歌手、海外のセレブなどが喉の痛みやケアにマヌカハニーを愛用している方々も多く、よくツイッターやブログでマヌカハニーの事を取り上げてる方も多いでのお墨付きです。

マヌカオイルをアロマディフューザーで焚いてお部屋を乾燥させない様にするのも良いでしょう。

★注意★

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が稀に混入している危険があり、 1987年から厚生労働省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

まとめ

喉の痛みは日常しばしば起こる症状の一つで、自然治癒することも多いため、なにかと安易に考えられがちでが、注意しなくてはならない病気の場合もありますから、いつもと違った痛みや長引くいた時は医者に行くなり気をつけましょう。先ずはマヌカハニーで!

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

マヌカハニーの賢い選び方と食べ方、使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)