タウリンとオルニチンとクルクミン肝臓への効果の違い

この記事の所要時間: 317

肝臓

タウリンオルニチンクルクミン、どれも肝臓に良いイメージの成分ですよね!そこでどう違うのかを少し調べてみました。その効果にはどんな違いがあるのでしょうか?早速、見ていきたいと思います。

それぞれの特徴

タウリン

牡蠣などに含まれる成分のタウリンは、体内でシステインというアミノ酸によって合成される、含硫アミノ酸です。システインとは、肌のシミの原因となるメラニンの生成を抑え体外に排出する働きをします。また、脳や体を動かすために大切なエネルギー源である、グルコース(ブドウ糖)の素にもなります。含流アミノ酸とは、体内で合成されるアミノ酸でイオウ化合物とアミノ酸との反応で出来るものです。タウリンは、肝細胞の再生を促す働きや、胆汁酸と結合してタウロコール酸となり、胆汁を分泌させる働きを持っています。胆汁は、食べたものを消化して吸収させる大切な成分です。タウリンは、肝臓が胆汁を作る手助けをしているのです。また、肝臓に蓄積されたコレステロールや中性脂肪を体外に排出する働きもあり、中性脂肪が肝臓に溜まる脂肪肝の予防にもなります。体内の有毒物質を排出する解毒作用の働きもするなど肝機能全体の手助けをするのがタウリンの特徴となります。

肝臓

オルニチン

シジミなどに含まれる成分のオルニチンは、遊離アミノ酸になります。遊離アミノ酸とは、血流に乗り体内を循環しており、アミノ酸が不足した時に補ってくれる働きをしています。尚、オルニチンは、必須アミノ酸なので、体内で合成できません。食品やサプリメントなどからしか摂れないアミノ酸です。

肝臓は、アルコールなどの解毒をして、尿素として排出しますが、アルコールを過剰に摂取した場合などは、解毒が間に合わなくなります。これを補助するのがオルニチンになります。オルニチンの遊離アミノ酸としての性質がこの働きに有利に作用しているのです。オルニチンは、アルコールの生成するアセトアルデヒドと呼ばれる有毒成分を分解するのに働いてくれます。この働きをオルニチンサイクルといいます。オルニチンサイクルとは、尿素回路と呼ばれるもので、肝細胞内にある尿素を合成している代謝回路です。 アミノ酸の代謝や激しい運動などにより生成される有毒なアンモニアが肝臓中のオルニチンと反応し、解毒されて無毒な尿素に変換されるのです。オルニチンは、補うことにより肝機能を助けてくれる成分となります。

肝臓

クルクミン

ウコンなどに含まれているクルクミンは、ポリフェノールの一種となります。抗酸化力の強い黄色い色素成分となります。ウコン色素とも呼ばれます。クルクミンは、体内に入るとグルタチオンという解毒酵素を活性化させます。グルタチオンとは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が連なった化合物となります。グルタチオンは、二日酔いの原因物質といわれる有毒物質のアセトアルデヒドの解毒を速やかに行います。また、クルクミンは、胆汁の分泌を促しますが、胆汁は、コレステロールを原料としているために、肝臓内の脂肪を減らすことになり脂肪肝の予防にもなります。肝臓の機能をより活性化させるのでアルコールおよびアセトアルデヒド代謝がスムーズに行われ肝臓の健康を保つことができます。

クルクミンには、整腸作用、消化不良の改善といったような、消化器系にも働きかけてくれる効果もありますので肝臓だけでなくお酒で弱った胃腸への効果も期待できますね!

ウコン

まとめ

タウリンとオルニチンとクルクミン肝臓への効果は、どれもそれぞれに優れておりどれが一番という感じには、決められませんね。それぞれの特徴から自分の体に合っているものを選択するのが良さそうです。また、それぞれの相乗効果をねらって摂取するのも効果的なのではないでしょうか?色々な配合サプリメントもありますので試してみるのも良いかもしれないですね!gatag-00006675

  • このエントリーをはてなブックマークに追加