レシチンのサプリメントの効果

この記事の所要時間: 319

卵黄レシチン

チョコレートなどのラベルを見ると、よく使われているレシチン。脳など神経系の組織に含まれていることから、食べると頭が良くなる効果があるとも言われています。そんなレシチンサプリメントから摂るときに、気を付けるべきことを今回はお話しします。

レシチンについて

 

レシチンは生物の細胞に存在するリン脂質であり、神経系の組織を構成する重要成分です。主に大豆に含まれている成分であり、記憶力や学習能力を高める効果があります。また卵黄にも含まれていますが、この両者は微妙に違いがあります。大豆レシチンはコレステロール値を上げる作用が優れており、卵黄レシチンは神経系の改善に特化していると言われています。ただし食品に含まれるコレステロールは卵黄の方がずっと多いですので、動脈硬化などが気になることは覚えておきましょう。

 

特徴的な作用は乳化作用です。レシチンの特徴は、親水性と親油性の2つの性質を持っており、加工食品によく使われています。本来混ざり合わない2つの物質を一つにする希少な性質です。体内では、この乳化作用によって水溶性物質と脂溶性物質を混ぜ合わせ、細胞に栄養を送り届けたり逆に老廃物を排出させる役割を果たしています。また脂質の代謝を促進するため、動脈硬化の予防や高脂血症を防ぐ効果もあると言われています。

 効果

レシチンの効果

 

頭を良くする

レシチンは脳などの神経系組織に含まれている物質であり、アセチルコリンという神経伝達物質を生成します。この作用から、レシチンを摂ることで記憶力の向上や学習能力の向上につながるといわれています。

 

 

動脈硬化を予防する

体内にある余分な脂質であるコレステロールを除去することで、動脈硬化を予防する効果があります。動脈硬化を防ぐことで脳卒中や脳梗塞も予防できますので、生活習慣病や大病を未然に防げます。

  

代謝を改善して、健康な身体をつくる

コレステロールを除去する効果によって、血流を改善して代謝を促進します。健全な代謝が損なわれると、太りやすい身体になったり免疫力が低下するといった変化が現れます。健康な身体を作るには、全身の血流がスムーズにめぐるようにしておくことが大切であり、それにレシチンの乳化作用が役立ちます。

  

レシチンをうまく摂るには?

 

レシチンの1日の目安摂取量は10005000mgとされています。しかし、この量はかなり多く、仮に1日に1000mgとろうとすると、大豆をお皿一杯程度に食べなくてはなりません。一日だけならともかく、継続して摂取するのはほぼ不可能です。

関連記事:『卵に含まれるレシチンの含有量について』

そこで使われるのがサプリメントなどの健康補助食品です。栄養素を詰め込んだ加工食品であれば、数粒とるだけで十分な量を摂取できます。もっとも、サプリメントは栄養バランスを考えられて作られていますが、あまり特定の栄養素のみを摂取していると吐き気などの症状が現れることがありますのでどうしても足りないときにだけ使うようにしましょう。

 

サプリメントなどの健康補助食品は、手軽に必要な栄養素を選択的に摂取できる点から非常に重宝されています。しかし、サプリメントはあくまで補助的に使われるものです。決められた量や方法を守って使わないと、何らかの症状が現れることは十分にありえます。また基本的な栄養が不足する可能性もあります。仮に、1日に必要な栄養素をすべてサプリメントから摂取するとどうなるかご存知でしょうか?タンパク質の不足などで身体が痩せていきます。これは極端な例ですが、日常的に使っていると栄養が偏ることはありえることです。

基本的な栄養は日ごろの食事からとっていき、それでも足りないときにサプリメントを使うのが上手な使い方と言えるでしょう。

サプリメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加