食品に含まれるレシチンの含有量

この記事の所要時間: 333

レシチン

レシチンは身の回りに割と見かける栄養素ですが、ご存知でしたか?加工食品のラベルなどを見るとレシチンが使われていることも多く、身近な食品にも多くのレシチンが含まれています。その含有量について見ていきましょう。

レシチンとは?

レシチンとは細胞膜を構成するリン脂質の一種であり、大豆や卵黄などの食品に含まれています。全身のあらゆる組織の細胞にレシチンは含まれていますので、脳や神経系といった重要器官から皮膚や髪などの微細な部分まで全ての細胞を構成する基本成分です。

 レシチンには水と油の両方に混ざり合う特殊な性質を持っており、体内で細胞の栄養の受け渡しをしたり、逆に老廃物を排出する役割を果たしています。

 

二つのレシチンの種類と特徴

 レシチンには大豆レシチン卵黄レシチン2つが存在しており、それぞれ人体に与える影響が異なっています。

 大豆レシチン

 不飽和脂肪酸の成分が血液中のコレステロールを押さえて血行を良くする作用があります。動脈硬化や脳卒中を予防する効果や、代謝を促進して健康的にダイエットする効果が期待できます。

 卵黄レシチン

 大豆レシチンと比べて、ホスファチジルコリンという神経系の働きを改善する成分が多く含まれているのが特徴です。ホスファチジルコリンはレシチンと同義に扱われることもあります。

 健康効果

 レシチンの効果

 

肝機能の改善

レシチンを構成するコリンという成分の作用により、肝臓が脂質を代謝する働きを促して、肝臓内の善玉コレステロールを増やす効果があります。レシチンを摂取することで、肝機能障害が改善したという研究結果が多く記録されています。

 

血流の改善による健康効果

 

レシチンを摂取すると、血中の悪玉コレステロールが減らしてかつ善玉コレステロールを増加させる効果があります。善玉コレステロールが増えることで、血流がスムーズになって代謝の改善や美肌効果などが見込まれます。

また動脈硬化や高脂血症の予防につながります。

 

記憶力や学習力を向上させる

 

レシチンを構成するコリンは、神経伝達物質であるアセチルコリンを生成する材料になります。アセチルコリンが安定して供給されることで、記憶力の増強など脳の機能を向上させると言われています。またホスファチジルコリンも記憶機能などをサポートする役割を果たしています。

これらの神経系物質から、認知症やアルツハイマーを予防する効果もあるとされています。人間の脳内には約140億個もの脳細胞があり、成人したころから徐々にその数を減らしていきます。レシチンは脳細胞の働きをサポートする作用があり、レシチンを含む食品を摂ることで認知症やアルツハイマー病を予防できるとされています。

 

レシチンの摂り方

 

レシチンを含む食品にはこれらのものがあり、それぞれ100g当たりの量を示しています。

        350mg

大豆      200mg

菜種      148mg

牛肉      75mg

豚肉      63mg

鶏もも肉 60mg

 

成人の一日あたりの目安摂取量は1,000mg以上とされています。卵や大豆を継続的に食べていたとしても、この量を摂るのは至難の業です。しかし、サプリメントなどで不足分を補充しなくても、レシチンは食品添加物として使われていることも多いため、わざわざ健康補助食品を使ってとらなくても十分だと言われています。

レシチンの上手な摂り方

レシチンは卵や大豆といった手に入りやすくかつ調理しやすい食品に含まれているため、摂るのは非常に手軽です。また加工食品のラベルを見ると、乳化剤としてレシチンが使われていることも多いため、そういったものを食べてもとることができます。目安摂取量はありますが、特に欠乏症のリスクもありませんので必要以上に気にしなくて大丈夫だと思います。よって、特に意識せずとも安定して摂ることができるレシチンは珍しい栄養素と言えるでしょう。

レシチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加