酵素の種類と働き(食物酵素編)

この記事の所要時間: 322

酵素

今回は、酵素種類働き潜在酵素編)からの続きとなります。この食物酵素は、体内ではなく自らの摂取でのみしか体内には、取り入れることができない酵素だけにとても興味があります。前回に引き続き食物酵素編もどうか最後までお付き合いくださいませ。

食物酵素とは?

消化酵素や代謝酵素のように、もともと体内に備えられている酵素を体内酵素または、潜在酵素というのに対し、体の外から摂取する酵素を大概酵素といいます。大概酵素とは食物酵素のことで、食物に含まれている酵素のことになります。

食物酵素は、体内には、吸収されないといわれています。食物酵素の働きは、事前消化にあります。食べる前にあらかじめ食物自体の消化を進めておいてくれるのが食物酵素の役割ともいえます。食物酵素は食品内のさまざまな栄養素に働きかけて栄養を強化するともいわれています。結果的に体内酵素に働きかけ、体内酵素の働きを高めるのです。

~食物酵素を豊富に含んでいる食べ物~

生野菜、フルーツ、発酵食品生、魚全般や生肉全般                   果物 パパイヤ・アボカド・キウイ・バナナ・マンゴー・リンゴ             野菜 レタス・ニンジン・キャベツ・ニンジン・セロリ・トマト・きゅうり・大根     発酵食品 味噌・醤油・納豆・キムチ・ヨーグルト・ぬか漬け・漬け物(発酵食品は、酵母や細菌などの微生物の酵素を利用して分解する食品)

◉腸内細菌酵素

腸内細菌酵素は、体外からの摂取が必要となります。摂取した全ての食材を体内の酵素のみで分解することは、無理があり、腸内細菌の作り出す腸内酵素の働きが必要になるのです。酵素不足の腸内の悪玉菌増殖を、抑えながら善玉菌を増やしてくれるそうです。腸内環境を整えることで胃腸系のトラブルの改善や便秘解消などへの効果が期待できます。また、腸内で酵素を作り出すだけでなく、私たちの体に必要なビタミンも作り出してくれるそうです。補酵素の大切な役割をもっているビタミンB群は、腸内細菌が作っているものもたくさんあるそうです。

料理風景

補酵素とは?

消化酵素、代謝酵素、食物酵素、腸内細菌酵素、この酵素が体内で働くためには補酵素は不可欠です。酵素が活動するときに欠かせない役割をしているのが補酵素です。酵素は、主にタンパク質から出来ている物質ですが、補酵素はタンパク質以外で出来ていて、多くのは、ビタミンとして知られています。タンパク質から出来ている酵素単体の物をアポ酵素といいます。しかし、これだけでは消化や代謝活動の中心的な働きを行うことが出来ず、補酵素単体でも体内での化学反応を起こすことが出来ないそうです。

また、よく耳にするコエンザイムQ10と呼ばれる物質も補酵素になるようです。人間の生命活動に必要な存在らしいですね。ビタミンではないらしいですが、ビタミンと似た働きをするためビタミンQとも言われるようです。

◉ビタミンB1…体内に摂取された糖を、エネルギーに変換/大豆、ニンニク、ネギ

◉ビタミンB2…体内の余分の脂肪をエネルギーに変換/レバー、イワシ、納豆

◉ビタミンB3…脂肪、炭水化物の代謝(ナイアシン)/カツオ、アジ、サバ

◉ビタミンB5…脂質、糖質、タンパク質の代謝(パントテン酸)/納豆、マッシュルーム

◉ビタミンB6…体内に摂取されたタンパク質、アミノ酸の代謝/カツオ、マグロ、バナナ

◉コエンザイムQ10…エネルギー生産/レバー、カツオ、マグロ

マグネシウム…糖質・脂質・たんぱく質の代謝/海草、大豆

◉イオウ…糖質や脂質の代謝/ねぎ、アスパラガス、セロリ、イワシ

まとめ

酵素って奥が深すぎます……。まだまだ秘密が隠されていそうなんです。今回もすべては、書ききれませんでしたね。次回は、さらにテーマをしぼって書いていきたいと思います。酵素

~関連記事~ 酵素の種類と働き(潜在酵素編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加