ミネラルの効果効能と役割②(カリウム・カルシウム・クロム・マンガン)

この記事の所要時間: 432

06007-1g[1]

5大栄養素のひとつのミネラル、人間に必要なミネラルは16種類あります、それらミネラル(カリウム・カルシウム・クロム・マンガン)の効果効能役割を纏めてみました。

ナトリウム・マグネシウム・リン

鉄・銅・亜鉛

セレン・モリブデン・ヨウ素

硫黄・塩素・コバルト

カリウム

Potassium

カリウムとは、ナトリウムと拮抗した関係にあるミネラルの一種で体内では98%が細胞内液に存在しています。ナトリウムが体内に過剰に存在すると、カリウムが働き体外への排泄を促します。その為、細胞が正常に働くためには細胞内に多く含まれるカリウムと細胞外に多く含まれるナトリウムの濃度のバランスを安定させることが重要になります。近年、ナトリウムの過剰摂取が原因で、カリウムは不足しがちなミネラルとして重要視されてい1つです。ナトリウムをとり過ぎると高血圧のが遠因ですが、カリウムは血圧を下げる役割をはたしてくれます。

カリウムの欠乏原因として、カリウムは7~9割が尿として排出され、残り1~3割は便や汗として排出されるため、利尿剤を使用している方や下痢気味の方、汗をかきやすい方やアルコールやコーヒーも利尿を促すため、頻繁に飲む方はカリウムが不足になりやすいので注意が必要です。

主な効果
  • 高血圧を予防する効果
  • むくみを予防・改善する効果
  • 筋肉を正常に保つ効果

カルシウム

sw064_l

カルシウムと聞くと、思い当たるのは骨だと思います。カルシウムとは人間の体では骨や歯を構成する必須ミネラルです。人体内に最も多く存在するミネラルで丈夫な体づくりには欠かせない成分です。体重の1~2%の比率を占めおり、約99%が骨や歯に存在しており、約1%は血液などの体液や筋肉、細胞に存在しており体の様々な機能を調整しています。身体に最も多く存在するミネラルですが、日本人にとっては最も不足しているミネラルでもあります。さらにカルシウムは吸収率の悪い栄養素の1つで、通常の食事での吸収率は20~30%程度です。(因みに牛乳で摂取すれば吸収率は40%と高いです)

マグネシウムはカルシウムとともに骨をつくる働きがあるため、カルシウムとマグネシウムをバランスよく摂ることも必要(カルシウム2~3に対して、マグネシウム1)コラーゲンも骨の枠組みをつくる働きがあるのでカルシウムとともにコラーゲンも摂取すると良いでしょう。

血液中の機能カルシウムが欠乏すると、骨から貯蔵カルシウムが取りだされますが、 不足が長く続くと骨量が徐々に減少して行き、骨軟化症や骨粗鬆症を引き起こします。

主な効果
  • 骨や歯をつくる働き
  • 骨粗しょう症の予防効果
  • 血液が固まるのを助ける効果
  • ストレスをやわらげる効果

クロム

クロムとは、血糖値、血圧、コレステロール値を下げる働きに関わり、人間の体に必要な必須ミネラルで体内で起こるあらゆる代謝に関わっています。特に血糖値を調節しているインスリンの働きを助けます。インスリンは膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞から分泌されるホルモンで、糖質をエネルギーに変え血糖値を下げる働きをします。他には、脂質代謝において脂肪酸やコレステロールの合成を促進する働きによって脂質代謝を活発にします。その働きによって、血液中の中性脂肪やコレステロール値を正常範囲に下げ、動脈硬化や高血圧の予防の役割があります。クロムは、空気、水、土壌など自然界に存在し、人の体内では約2mgあり必須ミネラルの中では最も微量で、体内ではリンパ節、歯、肺、肝臓、卵巣が高く、筋肉、血液中にも微量存在しています。

クロムが欠乏すると、糖の代謝異常、成長障害、脂質・たんぱく質の代謝異常、角膜の病気、動脈硬化、脂質異常症などが現れ糖尿病になる恐れもあります。必要量が微量ですので、まず欠乏することはありません、また逆にクロムを長期間継続的に取り過ぎてしまうと、吐き気や下痢、頭痛や不眠などの睡眠障害が起こります。

主な効果
  • 糖尿病を予防する効果
  • 動脈硬化、高血圧を予防する効果

マンガン

16033

マンガンとは、ミネラルの中ではあまり聞きなれないかもしれませんが、体内では代謝に関わる酵素の構成成分となったり、さまざまな酵素を活性化する成分として様々な働きをしています。マンガン自体が酵素の構成成分であるもの(ピルビン酸カルボキシラーゼ(脱炭素酵素)、スーパーオキシドジスムターゼ(抗酸化酵素))と、他の酵素の補酵素として関わっています。人間の体内には12~20mgと少量で約25%は骨中で、肝臓、すい臓、腎臓にも多く含まれます。

マンガンが欠乏すると、骨形成、血液凝固能、糖質、脂質の代謝、生殖機能、皮膚の代謝、運動機能に影響が出るとされていますが、マンガンは植物性食品に広く含まれているため、欠乏の心配はなく、過剰摂取によって健康を害する事もありません。

主な効果
  • 疲労回復を促す
  • 骨粗鬆症を防ぐ
  • 血糖値を引き下げる
  • 生殖機能を高める
  • 美白効果

まとめ

ミネラルには一つ一つ重要な働きをしており、偏った食事などしなければ普通に摂取できるのですが、現代社会では難しいので、足りない部分はサプリメントなどで摂取するのをお勧めします。ローヤルゼリーの成分と効果効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加