乳酸菌の種類と効果効能

この記事の所要時間: 424

1406171top

乳製品などに含まれている乳酸菌は数多くの種類が存在しています。代表的な乳酸菌効果効などをまとめてみました。

乳酸菌とは

1301146top

オリゴ糖などの糖を利用して、乳酸をはじめとする酸をつくりだす細菌の総称で、自然界に多く存在しています。人の体にいる乳酸菌は、各種のビフィズス菌、アシドフィルス菌、腸球菌の一種であるフェカーリス菌などで、これらは善玉菌と呼ばれています。

乳酸菌は腸内でせいぜい1週間ほどしか生きられません。腸内で増殖・死滅を繰り返し、最後には体外に排泄されます。ストレスや多量の飲酒、または老化などによっても、腸内の善玉菌はどんどん減っていきます。そのため、積極的にできるだけ毎日摂取するのがお勧めです。

  • 善玉菌…腸の中に住む100種類近くの細菌は、善玉菌と悪玉菌、良いとも悪いとも言えない日和見菌の3つに分けることができます。定住している善玉菌グループと悪玉菌グループが、お互いに定住するためのすみかを奪い合う戦いが常に行われています。善玉菌の勢力が強くなれば、乳酸や酢酸の産生により腸内が酸性の環境になるため悪玉菌は定着しにくくなります。主な働きとして、悪玉菌の力を弱めたり、食べ物の消化、吸収の促進、免疫力を強化、病気に対する抵抗力を付ける働きなどです。
  • 悪玉菌…ほとんどは、病原性を持っており。腸の中にいるだけでは発病はしませんが、特定の悪玉菌が増殖しすぎると、病気になりやすくなります。悪玉菌の代表的なものは、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌などです。大腸菌に関しては全てが悪者とはいえませんが、数が増え過ぎると体に害を及ぼす菌になります。主な働きとして、腸内の腐敗、悪玉菌が作る、アンモニア、硫化水素などの有害物質が過剰に生産、発癌物質の生産量が増える、下痢や便秘になりやすくなる、免疫力の低下、肝臓および内臓に負担がかかるようになる。
  • 日和見菌…善玉菌が多いときはおとなしいが、悪玉菌が増えると有害な作用を及ぼすことがあります。バクテロイデス、連鎖球菌など。
乳酸菌の含まれている食品

殆どの方が知っていると思いますが、主にヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、バターなどがあります。他にも、漬物、味噌、醤油などの加工品にも乳酸菌が含まれています。

乳酸菌の種類と効果

women_ol_2

代表的な乳酸菌を簡単にまとめてみました。

  • 1073R-1乳酸菌(R-1乳酸菌)…正式名よりR-1乳酸菌で有名です。インフルエンザ予防効果があると言われているブルガリア菌の乳酸菌。R-1乳酸菌の特徴は、免疫力を高めてくれる効果が高いということです。
  • LG-21乳酸菌…R-1乳酸菌と共に話題になった乳酸菌の1つです。主な特徴として、ピロリ菌の活動を抑制する効果があることが報告されています。ピロリ菌除菌に有効的と言われています。ピロリ菌除菌にはこちらも有名です。
  • ビフィズス菌…昔から乳製品や薬に含まれている乳酸菌として知っている方も多いと思います。特徴として糖を食べて乳酸や酢酸、酪酸、プロピオン酸などの短鎖脂肪酸を作り出す微生物のことを指します。酸素を嫌う「嫌気性菌」のため、酸素がない大腸周辺に多く生息しています。腸内にビフィズス菌が増えると便通が良くなります。他にも近年、花粉症やアレルギー症状の改善にも効果あることが分かってきました。
  • L-92乳酸菌…正式名ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株。特徴としては、L-92乳酸菌には花粉症やアトピー性皮膚炎といった「アレルギー症状」に効果があると言われています。
  • ヤクルト菌…こちらも聞いたことが無い人はいないと思います。正式名ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株。酸素があっても無くても増殖することができる通気嫌気性菌の一つ。特徴としては、整腸作用です。特に小腸で乳酸を作りだし、超のぜん動運動をたかめて便秘を改善、大腸菌などの悪玉菌の増殖を抑制してくれる効果があり、また耐酸性で、胃酸や胆汁の中でもほとんど死滅せず、腸まで届きます。
  • N-1乳酸菌…特徴として、胃酸に強いという特徴があります。生きたまま腸に届く乳酸菌としても注目を集めており、悪玉菌の増殖を抑制し善玉菌を増やす効果があると言われております。
  • ラクティス乳酸菌…植物性の乳酸菌で、大豆から抽出されています。お腹の中にもともと住んでいる乳酸菌を増やしてくれて、胃腸や胆汁で死滅することもない乳酸菌です。
  • プロテクト乳酸菌…特徴は、免疫力をアップさせてくれる乳酸菌で、ほかの乳酸菌と比べると免疫をアップさせてくれる効果が高いと言われております。主に発酵食品・漬物に含まれており、京漬物から発見された1,000株以上の乳酸菌のうち、「しば漬け」の中から発見されたのがプロテクト乳酸菌です。
  • KW乳酸菌…特徴はアレルギーの症状や花粉症などの症状を緩和させてくれる乳酸菌。kw乳酸菌は強い酸に耐えられるという特性があるため、生きたまま腸に到達させることができます。

まとめ

乳酸菌を選ぶ上で重要なのは生きたまま腸に届く必要があります。種類によって効果なども違いますので自分にあった乳酸菌を取り入れると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加