プロティンの種類とその効果

この記事の所要時間: 46

l_05

プロティンたんぱく質)と聞くとイメージするのが、筋トレをしている人が摂取しているサプリメントをイメージする人も多いと思いますが、最近ではプロティンダイエットとかでも話題で、プロティンダイエットもしている方も多いと思います。プロティンにも種類があり、そんな種類効果を纏めてみました。

プロティン(たんぱく質)

プロティンと聞くと、トレーニングをして飲むサプリメントとしてのイメージが強いと思いますが、プロティンの意味はタンパク質、まずタンパク質について説明をします。タンパク質とは、必須栄養素の1つ。筋肉・臓器・皮膚・毛髪・血液など人体の大部分はタンパク質で構成されている。食品に含まれるタンパク質は、体内でそのままでは利用することはできないため、タンパク質は体内で一度消化されてアミノ酸に分解されてから、いったん肝臓におくられて蓄えられます。それから肝臓からアミノ酸が体の中の各組織に送られ、送られてきたアミノ酸から体に必要なタンパク質が合成されます。特に、トレーニングの後に損傷した筋肉の修復の為タンパク質を必要とし、このとき摂取したタンパク質は、筋肉の修復に使用され、筋肉が肥大し、筋力が上昇するので、トレーニングをしている人達はプロテインの摂取を必要としています。

プロテインの種類

  • ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは乳清プロテインとも呼ばれ、牛乳の中に含まれるホエイタンパク(乳清タンパク)という成分を抽出(牛乳からチーズ(カゼインタンパク)、脂肪分などの製品を分離した残りの成分から作られ、その主成分ラクトグロブリン、ラクトアルブミン、ラクトフェリンなどの物質)したもので、ホエイタンパクは、とても体に吸収されやすく、1~2時間程度で血中にアミノ酸として取り込まれるため、トレーニング直前・直後などの時間帯に飲むのが効果的です。体に必要な必須アミノ酸を全て含んでおり、運動によって失われやすいBCAA(分岐鎖アミノ酸)がとても豊富なので、運動による筋肉の分解を抑え疲労を低減する効果があります。

  • カゼインプロテイン

カゼインプロテインはホエイプロテインと同じように牛乳から作られるプロテインで、牛乳に含まれるタンパク質のうち、約80%はカゼインプロテインです。ホエイプロテインに比べると消化・吸収に時間がかかるので、運動の直前や直後などのタンパク質補給には向いていませんが、ゆっくり吸収(酸や熱などで固まりやすい性質があるので、人間の胃の中でもゼリー状に固まり、これが消化時間を遅らせる)されることで長い時間体にタンパク質を補給してくれるので、満腹感も得やすく、食事の合間や運動しない日の栄養補給、就寝前に飲むプロテインとしては最適です。他にも、腸の働きを活発にしたり、免疫力を高める効果があります。

  • ソイプロテイン(大豆プロテイン)

ソイプロテインは大豆プロテインの事で、植物性のタンパク質を豊富に含んでいる大豆を原料としたプロテインです。大豆タンパクは、分解・吸収に比較的時間がかかりますが、その分長い時間体にとどまってくれるので、吸収の速いプロテインに比べて満腹感も得やすく、長い時間効果が続きますまた、大豆に含まれるイソフラボン・サボニンなどの成分は、老化を防ぐ抗酸化作用や、コレステロール値低下作用、ホルモンバランスを正常に保つ働きがあるとして、タンパク質以外の部分でも健康に良い食品です、他にも、甲状腺の働きを活性化させることにより、全身の細胞の代謝を高める効果があり、食物繊維も豊富で、ダイエット時に使用すると他のプロテインに比べて脂肪が落ちやすいです。また、大豆プロテインに含まれるイソフラボンは女性ホルモンに構造が似ているため、女性らしい体を保つのに最適なプロテインです。

  • エッグプロテイン

エッグプロテインは名前の通り、卵を原料とするプロテインです。卵といっても卵白、つまり白身のみを原料にしています。卵に含まれるアルブミンというタンパク質は、人間の体にとって非常に利用しやすいタンパク質なので、体の組織に変換されやすく筋肉を付けたい時などに適しています。牛乳や大豆原料のプロテインと違って脂肪分をほとんど含んでいませんのも特徴です。BCAA含有量も、数種類あるプロテインの中でホエイに次いで2番目の多さでが、タンパク質としては値段も高めで、吸収性などについてもホエイプロテインに比べると若干劣ります。因みに、卵のタンパク質は生のままだと吸収があまり良くないので、食事の時に卵を食べるなら、生卵よりもゆで卵や目玉焼きなどに調理して摂取するのがお勧めです。

まとめ

プロテインにも種類があり、摂取のタイミングや効果が違うので用途に合わせて摂取するのがお勧めです。またプロテインを効率良く吸収するには、糖質が必要になるので一緒に糖質も取るのをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加