カフェイン取りすぎの副作用

この記事の所要時間: 233

9cd2c853bc60331f1d38fb1ab4864529b13255ec.77.2.9.2

カフェインには、眠気覚ましの他にも様々な効果がありますが、カフェインを大量摂取してしまうと逆に様々な副作用があるので注意が必要です。カフェインの取り過ぎには注意が必要

です。

カフェイン中毒・依存症

カフェインについての詳細はこちらから

カフェインと聞くと、コーヒーや紅茶や最近ではエナジードリンクに含まれている事を思いつくかと。日常生活で、目覚めの一杯や喫茶店などでティータイムを楽しんだりと飲む方は多いと思います。効果も様々あり、むくみ予防や冷え性改善、脂肪燃焼を補助したり、アルツハイマー病の予防、パーキンソン病予防、覚醒効果などと我々人間にとってプラスの多い効果がありますが、摂り過ぎには様々な障害があります。

  • カフェイン中毒

カフェイン中毒とは、文字通りカフェインを摂取することによって起きる中毒です。カフェイン中毒の症状は、そわそわして落ち着きがなくなってきて、不安な気持ちが起きてきます。他には、お腹の調子が悪くなり胃痛がしたり吐き気をもよおしたり、疲れを感じなくなる。心拍数が増加する症状や、また重度の症状では、パニックになったり痙攣を起こすなどまるでドラッグ中毒のようなケースもあります。カフェイン中毒は、体内にカフェインが取り入れられら際に発症します。そのため、短時間の間に多くのカフェインを摂取することが原因で発症するということを覚えておきましょう。

カフェイン中毒になった際は、身体からカフェインが排出されれば症状も治まるので、水分を多めにとって尿から排出を促進すれば早く症状を治めることができます。

  • カフェイン依存症

カフェイン依存症とはその名の通りカフェインに依存してしまう人で、カフェインの摂取をやめてしまうと禁断症状がでるようになってしまうというものです。主な禁断症状は、イライラする、集中ができない、頭痛、吐き気、カフェインを取りたくなる。不安になる、うつっぽくなるなどと様々な禁断症状があります。カフェイン依存の人は、最後にカフェインを摂取してから1日〜2日前後で症状が現れます。カフェイン依存症になるには、1日あたり、250mg以上(コーヒー3~4杯分)のカフェインを摂取し続けることでカフェイン依存症になってしまうとされております。人によっては1日に100mg程度のカフェインでも依存が起きることもあるそうです。1日に3杯前後飲む人は意外と多いのではないでしょうか?毎日それくらいの量を飲んでいる人は注意しましょう。また、依存により過剰に摂取してしまい起こる症状を「慢性カフェイン中毒」といいます。

カフェイン依存症になってしまったら、依存症から抜け出す必要があり、依存しているために最初は苦しい思いをすることもありますが、3日〜4日経てばその状態にも慣れてきます。

まとめ

気軽に摂取できるカフェインですが、摂りすぎると副作用もあるので注意してください。カフェイン(エナジードリンク)の大量摂取で命を落とした方もいるので…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加