アントシアニンの効果・効能

この記事の所要時間: 47

アントシアニン

最近、テレビなどでよく聞くアントシアニン。アントシアニンはブルーベリー等に多く含まれおり、目に良いと言われています。そんなアントシアニンの効果・効能をまとめてみました。

アントシアニン

220px-Anthocyanidines_with_numbers.svg

アントシアニンとは、”ポリフェノール”の一種で中でも有色野菜(ナス、紫いも等)や果物(ブルーベリー、カシス、ブドウ等)の赤紫色を構成する天然色素成分で、植物が紫外線やウイルスから実を守るために蓄える成分です(人間の場合は紫外線から身を守るために、体内にメラニンという色素を作り出しています)自然界には様々な種類のアントシアニンが存在しており、今までに発見された種類は500以上にものぼるといわれています。アントシアニンは様々な条件(pH、温度、濃度、金属イオン、酵素など)によって、色調・構造に微妙な変化が現れます。またアントシアニンは、合成着色料に比べて安全性が高い為、アントシアニンは食品分野での様々な加工食品の着色にも利用されています。

主な効果効能

child03_hoken01_d_05視覚機能を改善する効果

アントシアニンを知ってるいる人だと、目に関する効果と先ずは出てくると思います。そのアントシアニンの効果の前に、簡単に目のレンズの仕組みを説明します。「視覚」とは、対象物を光の情報として捉えて信号化し、その信号を脳に伝えて像として判断・認識しています。この信号を脳に伝えるのが、目の網膜にある”ロドプシン”と呼ばれるたんぱく質で。ロドプシンが光の情報を受け取り、脳が信号として受け取ることによって、「視覚」を得ることができます。ロドプシンは、光を受けることによって分解されます。そして、新たな光の情報を得るために再合成され、もとの状態に戻るといった一連の流れが繰り返し行われていますが、長時間目を使い続けることによって、ロドプシンの再合成が遅れてしまうことがあります。再合成が遅れると、目がショボつく・ぼやけるなどの疲れ目、眼球疲労の原因にもつながります。アントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進する働きがあり、視覚機能を改善する効果があります。他にも、夜間での視力改善効果や眼精疲労や眼圧、目の血流が改善効果、、一時的な近視を防ぐ効果などもあります。

眼病予防効果
  • 白内障の予防効果

白内障とは、目の水晶体が白く濁ってしまうことによって見えにくくなり、視力が低下してしまう病気です。白内障の症状として、ものがぼやけて見える・かすんで見えるなどの症状などがあります。水晶体はたんぱく質でできており、体の老化などによってこのたんぱく質が変性してしまうと、白く濁り、視力に影響を与えます。アントシアニンが白内障を予防するのは、アントシアニンの抗酸化力にあり、 水晶体は、光の通り道であるために紫外線による酸化のダメージを受けやすい部分でもあります。酸化することによって水晶体の濁りを引き起こすともいわれています。アントシアニンの抗酸化力が水晶体を紫外線ダメージから守ることによって、白内障の予防に繋がります。白内障は、50歳代から発症し始め、80歳代になると、ほぼすべての人が発症してしまうといわれていますので、そのため、年齢を問わず白内障を予防するための対策をとることが大切です。

  • 緑内障の予防効果

緑内障とは、何らかの原因によって視神経が傷付き、視野や視力が損なわれてしまう病気です。眼圧が高くなることで視神経が圧迫されてしまう他、眼圧が正常であっても緑内障を発症することもあります。視神経が酸化ストレスによって傷付き、弱ってしまうからです。酸化ストレスは、喫煙や栄養不足をはじめとする生活習慣や、紫外線によるダメージが原因で発生します。アントシアニンの持つ抗酸化力が、緑内障が予防される効果があると言われています。

  • メタボリックシンドロームを予防する効果

目に関するイメージが強いアントシアニンですが、内臓脂肪の蓄積を抑え、メタボリックシンドロームを予防する効果もあります。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群ともいわれています。食べすぎや運動不足といった生活習慣などによって、内臓に脂肪が溜まりやすくなり、高血糖・高血圧・糖尿病・動脈硬化など、様々な生活習慣病の原因となります。他にも血圧の上昇を抑える効果、動脈硬化を抑える効果があります。

  • 花粉症を予防する効果

花粉症に対する働きや効果もあります。花粉症は、体内に入ってきた花粉を有害なものとみなして、体の外へと退治しようとします。このときに”ヒスタミン”という物質が放出され、くしゃみ・鼻水・目のかゆみといった症状が出ます。アントシアニンには、このヒスタミンを減少させる働きがあります。

摂取方法
  • ビルベリー(一番アントシアニンが豊富な北欧のベリーです)
  • ブルーベリー
  • カシス
  • 黒豆
  • 紫イモ
  • ブドウ
  • なす
  • 紫キャベツ 等です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加