ペプチドの種類と効果・効能

この記事の所要時間: 250

ダウンロード

ペプチド配合とかよく見かけますが、そもそもペプチドとは何?って方も多いでしょう。そんなペプチド効果・効能種類によって働きも違います。そんなペプチドについて簡単に纏めてみました。

ペプチドとは

ペプチドは、アミノ酸は数個から数十個つながり、種類によって様々な健康作用が期待され,ホルモン作用、神経伝達作用、抗菌作用など様々な生理活性作用を持っています。たんぱく質は、人間の体内で消化酵素によって分解され、細かくされてから吸収されます。たんぱく質はサイズが大きく、体内で消化吸収されるまでに、分解するのに時間がかかりますが、ペプチドはすでに分解されているため、すばやく効率よく体内に吸収されるといわれています。また、アミノ酸と比べてもペプチドは血液中をめぐる持続時間が長いため、速やかに体に吸収されその作用が持続するといわれています。

タンパク質 >ペプチド>アミノ酸 とサイズが違います。

2個以上のアミノ酸のペプチド結合によってできた化合物で、アミノ酸の数によって、2個ならジペプチド、3個ならトリペプチドといい、2~10個程度の少数ならオリゴペプチド、10~100個と多数ならポリペプチドと分けられます。

種類と効果・効能

ペプチドは何百種類もあるなかの代表的な種類と効果効能。植物由来の大豆ペプチド、魚由来のイワシペプチドと魚肉ペプチド、牛乳由来のホエイペプチドになります。

  • 大豆ペプチド

名前の通り、大豆由来のペプチドで、大豆たんぱく質は必須アミノ酸をバランス良く含んでおり、非常に良質です。運動による筋肉の損傷を素早く修復し、効率のよいアミノ酸補給を通して体内のエネルギー効率に良好な効果をもたらし、筋肉を効果的に増強するのに最適とされており。大豆ペプチドは脂質代謝を促し、筋肉へのエネルギー供給を満たすことで全身の疲労回復の効果効能があります。

  • イワシペプチド

イワシのたんぱく質には必須アミノ酸が多く含まれているため、高血圧を抑えて血圧を安定化する効果効能があります。

  • 魚肉ペプチド

魚肉ペプチドには、抗酸化効果があります。抗酸化効果により細胞の損傷、骨粗しょう症を防ぎます。他にも、継続的な魚肉ペプチドの摂取によって生体内での酸化ストレスを軽減することで、血管年齢を若く保つことができるため、生活習慣病の1つの動脈硬化の予防につながると考えられております。

  • ホエイペプチド

ホエイたんぱく質は、体内で合成することのできない必須アミノ酸を多く含んでおり。必須アミノ酸とは、人間の筋肉を構成するたんぱく質を生成する重要な成分で、疲れた筋肉を修復し、増強する効果があります。また、筋肉の疲労回復に働きかける効果があります。他にも、

ホエイたんぱく質は細胞を活性酸素の攻撃から守り、体内の免疫システムに働きかけるグルタチオンを増加させ、免疫機能を強化する効果や、ウイルスや細菌などの異物から体を守ってくれる効果や、アルツハイマー病予防効果もあります。アルツハイマーは、加齢とともにグルタチオンが減少すると、アルツハイマー病の発症や老化の促進を招きます。グルタチオンは食品で摂取すると胃や腸からの吸収が悪いため、体内でグルタチオンを増加させるホエイたんぱく質がアルツハイマー病を予防する効果があると期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加