ポリフェノールの効果・効能と種類

この記事の所要時間: 513

fd401337_l

ポリフェノールと聞くと、赤ワインやチョコレートを思い浮かべる方が多いと思いますが、リフェノールは沢山の種類とその種類によって効果効能が違います、そんなポリフェノールを簡単に纏めてみました。

ポリフェノールとは

l_04

ポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素の成分となっている化合物の総称で、自然界に5000種類以上存在している栄養素です。植物の葉や茎、実などに含まれており、ポリフェノールには、植物に対して細胞の生成、活性化、分裂を助け、外部からの有害物を無毒化するなどの働きがあるので、植物自体を守るのにも必要な成分です。ビルベリーや緑茶など色が濃い、または渋味が強いものに豊富で、お茶に含まれる”カテキン”やそばの”ルチン”大豆の”イソフラボン”などもポリフェノールの一種になります。

ポリフェノールの種類

  • アントシアニン…最近よく耳にすると思います。アントシアニンは、ブルーベリー、ビルベリー、カシスなどに含まれている青紫色の天然色素で、黒色や紫色の野菜や果物に多く含まれているポリフェノールです。アントシアニンだけで400種類以上存在しており、種類によって性質や作用する場所が異なりますが、主に目に対する効果効能が注目されています。
  • レスベラトロール…サンタベリーやブドウに多く含まれているポリフェノール。長寿遺伝子を活性化させる効果があり、細胞の生まれ変わりをサポートし、若々しい細胞へ生まれ変わらせる効果あり、アンチエイジング効果、抗老化作用、美肌に対する効果効能があります。
  • イソフラボン…大豆イソフラボンでよく耳にすると思います。イソフラボンとは、大豆や大豆加工食品などに多く含まれている色素成分で、ポリフェノールのフラボノイド系に属する栄養素です。
    イソフラボンは、女性ホルモン様物質であるため、閉経後の女性に多く発症する更年期障害など、女性特有の悩みに対して効果が期待されている栄養素です。         更年期障害に効くサプリはローヤルゼリー
  • へスぺリジン…青みかんなどの柑橘類の皮やすじに特に多く含まれている成分で、ビタミンPとも呼ばれています。末梢血管の血流を促進する作用があるため、血流を改善する効果があるといわれています。
  • クルクミン…ウコンに多く含まれている黄色の色素成分です。クルクミンは肝機能を高める働きを持っており、アルコールの分解を促進したり、胆汁の分泌を活発化させるなどの効果効能があり、飲酒の前後に摂取すると良いとされドリンク剤も多く売られてます。
  • カテキン…こちらもよく耳にすると思います。主に緑茶や紅茶などに多く含まれている渋味成分で、抗菌・殺菌作用、脂肪の吸収を抑制する作用、アレルギー反応による炎症を抑える作用など様々な働きを持つ成分であり、血糖値を低下させる効果効能があります。
  • タンニン…タンニンはタンニン酸とも呼ばれ、木の幹、葉、樹脂に含まれているポリフェノールで、食品では緑茶や紅茶に多く含まれています。
    タンニンは、強力な抗酸化作用以外にも収れん作用を持つことから、毛穴を引き締める効果効能があるため、洗顔料などに配合されています。

ポリフェノールを過剰摂取や欠乏しても特に問題はありませんが、積極的に摂取したい栄養素です。特に積極的に摂取のお勧めの方は、高齢者、がんや生活習慣病を予防したい方、老化が気になる方などです。しかし同時に摂取すると吸収を阻害するものとして、牛乳はカテキン・カカオマスポリフェノールの吸収が減少してしまうので注意してください。また逆に高めるものとして、ビタミンCは酸化したポリフェノールを修復し、アルコールはポリフェノールの溶解性を高め、腸管での吸収を助けてくれます。しかしアルコールの摂取し過ぎは注意が必要です。

主な効果

  • 視機能を改善する効果(アントシアニン)

アントシアニンは、光の情報を信号化するたんぱく質をサポートする作用があり、目を酷使することによって生じるぼやけ、疲れ目、ショボつきなどを予防・改善する効果があるとされ、目の疲労感の予防や改善に効果効能があります。

  • 肌を若々しく保つ効果(レスベラトロール)

人間の体を構成している細胞を若々しく保つ効果があり、細胞を若々しく保つレスベラトロールの働きは、長寿効果や若返りの効果効能が期待されており、肌細胞にも良い影響を与えるとして、美肌維持効果があります。

  • 更年期障害の症状を改善する効果(イソフラボン)

更年期障害の症状を改善することが期待されています。更年期障害は、加齢や閉経などの要因でエストロゲンの分泌が減少することによって起こる症状です。
イソフラボンやリグナンは、女性ホルモン様物質であるため、体内でエストロゲンと似た働きをして、女性特有の悩みを改善することができます。

  • 血流を改善する効果(へスぺリジン)

末梢血管を強化させる作用を持ち、血流を改善する効果効能があり、末梢血管は体内でも特に血流が悪くなりやすい血管であるため、ヘスペリジンの働きによって血流が改善されると、冷え症などの症状にも効果的です、他にも抗酸化作用あるので、血中コレステロールを低下させる効果効能があります。

  • 肝機能を高める効果(クルクミン)

胆汁の分泌を活発化する働きや、肝機能の解毒作用をサポートし、肝機能を高める効果効能があります。

  • 生活習慣病の予防・改善効果(カテキン)

生活習慣病を予防・改善する効果があり、生活習慣病が発症する原因は、血中のコレステロールや中性脂肪が増加することで、カテキンは、肝臓でつくられる胆汁酸の排出を促したり、血液中のコレステロールの増加を抑える作用を持つため、生活習慣病の予防や改善に効果あります。

まとめ

ポリフェノールは若さを維持する栄養素とも言えるでしょう。そんなポリフェノールはパーフェクトフードと言われているみつばち花粉(ビーポーレン)にも含まれています。     みつばち花粉(ビーポーレン)の効果・効能

完全食品(パーフェクトフード)といわれるみつばち花粉はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加