妊娠中の貧血に鉄分補給

この記事の所要時間: 319

鉄分

妊娠中の女性の体は非常にデリケートです。その中でも、貧血になりやすいという妊婦さん特有の症状があり、状況によっては赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうリスクもあります。今回は妊婦さんの貧血予防と鉄分補給についてまとめてみました。

鉄分

まず鉄分とは、体内のミネラルを構成する成分の1つで、必須ミネラルとされています。体内には3~4gほど存在しています。そのうち70%ぐらいが血液中の赤血球の材料となるヘモグロビンに含まれており、残りの約30%は肝臓、骨髄、筋肉などに「貯蔵鉄」として保管されるのです。鉄分が不足したときはこの「貯蔵鉄」から血液に放出され使われます。微量ですが、酵素の構成物質でもあります。これら酵素は、カタラーゼ、チトクローム、ベルオキシダーゼで、エネルギー代謝や肝臓での解毒作用をしています。
そして鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」という2つの種類があるのです。
ヘム鉄は、肉類(特にレバー)や魚介類に含まれている鉄のことで、食品からの吸収率が高いという特徴があります。反対に、非ヘム鉄は野菜や海藻類、大豆類に含まれており、吸収率はそれほど高くありません。

○妊婦さんはどうして貧血になりやすいの?

妊娠をするとお腹の赤ちゃんへ栄養を届けなければならず、そのための十分な量の血液が必要になります。しかし安定期に入る前はつわりなどがあるのでバランスの良い食事が摂りづらく、貧血になりやすいのです。
また妊婦さんの母体のなかでは出産に備えて血液が大量につくられるという特性があり、全体的な血液の量は増加するのです。しかし血液中の赤血球はあまり増えることがないため、血液が薄くなってしまい貧血状態を引き起こしてしまうことがあるのです。
しかも妊娠中期~臨月にかけて赤ちゃんはどんどん成長していくので、さらに血液が必要となります。ですから妊娠初期でしっかりと貧血予防のための対策をしなければ、胎児の成長と共にさらに貧血になりやすくなったり、貧血が悪化したりしてしまう可能性があります。もしそうなると、母体だけでなく赤ちゃんにも危険が及ぶかもしれないということを覚えておきましょう!

妊娠

○貧血予防には、やっぱり鉄分補給

血液中の赤血球の大部分はヘモグロビンという物質で占められており、そのヘモグロビンの主な材料となっているのが鉄です。ですから適切な濃度の血液を保つためには、この鉄分をしっかりと摂取することが大切です。それでは妊婦さんはどのように鉄分補給をすれば良いのでしょうか?

・まずは食品から摂取しよう

鉄を多く含む食品としては、レバーなどの肉類、魚介類といったものがあります。そしてこれらの食べ物に含まれている鉄分は「ヘム鉄」と呼ばれる種類のもので、吸収率も優れています。妊娠中はこちらのヘム鉄を中心に摂取すると良いでしょう。
また海藻類や野菜類、大豆類にも鉄分は含まれており、こちらの食品に入っている鉄は「非ヘム鉄」と呼ばれています。ヘム鉄に比べて吸収率は低いのですが、タンパク質ビタミンCと一緒に摂ると吸収が高まるので、それらと一緒に食べるように意識しましょう。

・サプリメントで鉄不足を補おう

妊娠していない体であれば、3食しっかりとバランスの良い食事を摂ることで必要な鉄分のほとんどを補給することができます。しかし妊娠中は食事だけで鉄分を補うことが難しい場合が多くなります。そんな時は、病院で処方された鉄剤やサプリメントを活用しましょう。
市販されているサプリメントには妊婦さん用の安全な商品もありますが、病院や薬局できちんと相談しながら選ぶこと、そして用法用量は必ず守ることが重要です。

まとめ

以上のように、貧血対策のためには鉄分補給をしっかりと意識した生活を送るようにしましょう。健康な赤ちゃんを出産するためには、まずはママがしっかりとセルフケアをすることが大切なのです!食事から補給できないときはサプリメントが気軽に摂れるのでお勧めですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加