鉄分サプリメントの効果が現れる時間

この記事の所要時間: 310

鉄分

女性は貧血に悩まされがちであり、鉄分が必要なときが得てしてあるものです。ですが、鉄分をとっても即効性があるわけではないため、いつ効き始めるか不安になりがちです。そこで鉄分サプリメントの効果が現れるまでの時間について見ていきましょう。

 どうして貧血の原因となる鉄分不足が起こるのか?

 鉄分は意識的に摂取しないと欠乏しやすい栄養素の一つです。日本人は食生活上、吸収効率の悪い非ヘム鉄を摂ることが多く、約85%の鉄分が非ヘム鉄によるものだとされています。吸収しやすいヘム鉄は主に赤身の肉に含まれており、なかなか摂取する機会はありません。また非ヘム鉄は食物繊維タンニンなどの栄養素に吸収を阻害されるため、吸収しづらくなっているのも原因の一つです。

  

どうして鉄分は必要なのか?

身体の中で血液を作る際にもっとも必要なものが鉄分というのは有名な話です。しかし、鉄分の働きはそれだけではありません。鉄分が不足すると、土や氷を食べたくなる異食症や爪が反り返るといった症状などが現れます。貧血以外にも鉄分は身体に必要な成分なのです。

  摂り過ぎに注意!!!

月経などで不足した鉄分を補うために、サプリメントなどが良く利用されています。しかし、つい使い過ぎてしまい逆に過剰症になってしまう話も耳にします。「貧血気味だから少し多めにとった方がいい」と考えて服用量より多めに使うと、サプリメントには栄養素が凝縮されていますので容易に限界量を超えてしまいかねません。

鉄分を過剰に摂ると、吐き気や下痢などの症状が見られます。また亜鉛の吸収障害などを引き起こし、重篤化しかねないリスクもはらんでいます。サプリメントや医薬品を使う際には、必ず注意書きをよく読んで使いましょう。

  サプリメント

貧血を解決するには

通常の食事から鉄分を摂れば、他の栄養素も摂ることができて健康的です。レバーや卵黄などが鉄分を多く含んでいますので、レバニラ炒めに卵を混ぜると理想的です。卵が味をマイルドにしますので、塩コショウだけの淡白な味付けがベストです。

またサプリメントを使う際には、ビタミンCと一緒に摂ると効率的です。

いつ効き始めるのか?

正直申しまして、鉄分はサプリメントなどでとってもすぐには効果は現れません。それは摂取した鉄分が吸収されても血液の生成に還元されるまでに時間がかかるからです。早くとも4~5日はかかると言われており、食品からとった場合も同様です。

もっとも、通常は身体にある肝臓や骨髄などに鉄分が貯蔵されていますので、「鉄分が足りないな」と思ってからサプリメントを使っても大丈夫です。

ただし使い過ぎには注意してください。急激な鉄分のみの摂取は吐き気や疲労感などを引き起こしがちです。さらに大量に摂取したからと言って症状が軽減されるわけでもありませんので、用法と用量を守ってお使いください。

鉄分

サプリメントの上手な使い方

一度貧血の状態になると、体内に貯蔵されている鉄分も不足しているおそれがあるためそれを補う必要が出てきます。ここで大事なのは、一度に大量に摂るのではなく長期間にわたってじっくりと蓄えていくことです。先ほども申し上げた通り、大量にとっても貧血が治癒しやすいわけではありません。さらには過剰症を引き起こし重篤な症状や、亜鉛の吸収阻害による栄養バランスの崩壊も有り得ます。

厳しいかもしれませんが、数ヶ月にわたってサプリメントを服用し続けることもありえます。個人差はありますが、鉄分サプリメントの効果が持続する時間は一日二回の服用で約12時間程度のようです。サプリメントだけを摂り続けるのがつらい場合は、食事やビタミンCによって補うことも可能です。

関連記事:『鉄分サプリの適切な量』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加