株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

鉄分サプリの適切な量

カテゴリー:

サプリメント

分のサプリは主に貧血症対策に使われます。しかし、使ったことのある方なら一度は経験があると思いますが、多に摂取してしまうと気分が悪くなってしまいます。そこで分を含んサプリメントの適切な使い方についてご説明いたします。 

 鉄分とは

鉄分とは赤血球の核となるミネラルであり、体内に酸素を取り入れるために不可欠な成分となっています。身体の中にある鉄分は男性で4.0g、女性で2.5gあるとされており、その中70%が赤血球を形作っています。あるいは筋肉のミオグロビンという赤い色素成分の原料となって筋肉の収縮に役立ち、エネルギーの産生やコラーゲンの合成に関わる酵素を構成する成分となっています。そして余った鉄分がフェリチンヘモシデリンとなって肝臓や脾臓などにストックとして蓄えられます。 

貧血は体内で蓄えられていた鉄分が不足することで赤血球が欠乏して起こる症状であり、この対策として鉄サプリが使われています。

鉄分の欠乏や過剰供給によって起こる症状

 鉄分が不足すると身体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか。鉄が欠乏することにより起こる貧血は、血液からヘモグロビンが減少して起こる現象です。通常鉄分の少ない食事が続いても体内でストックされている鉄分が消費されてヘモグロビンが作られますが、貧血になるとそのストックされている分まで使い切ってしまった状態となっています。サプリメントや鉄剤を使って貧血を治す場合は、一旦症状が治癒しても体内に鉄分がストックされるまでは摂取することに気を付けましょう。

また貧血になると、氷や消しゴムなどが食べたくなる異食症や爪が薄くなって沿った状態になるさじ状爪といった症状が現れることもあります。こういった症状が出たときは一度病院に行き、鉄分の不足を指摘されたときは鉄分のサプリを使いましょう。

  

しかし鉄分を摂り過ぎてもいけません。日常の食事から摂取される鉄分によって、体内に鉄分が過剰供給されることはまずありませんが、サプリメントを使いすぎるとそういった事態になることも有り得ます。鉄分を摂り過ぎると胃や腸に障害がみられるようになり、吐き気や下痢をもよおします。また過剰な鉄分は血液を流れて様々な部分に溜まり、血管だけでなく脳や肝臓や膵臓といった重要な器官や臓器にダメージを与えます。見た目にも変化が見られ、皮膚に色素が沈着するようになり、ひどくなると血管自体の劣化や肝硬変などを引き起こす可能性もあります。頭痛

 鉄分を含む食品

 食物に含まれる鉄分には動物性の食材に含まれるヘム鉄と植物性の食材に含まれる非ヘム鉄あり、サプリメントもこの2種類に分けられます。動物性の食品ではレバーやあさりなどの貝類に含まれています。これらの食品に含まれるヘム鉄であり、非ヘム鉄の23倍の吸収率となっています。

植物性の食品にはほうれん草や豆類に非ヘム鉄が多く含まれています。注意していただきたいのは、鉄分の多さで有名なひじきには、実はほとんど鉄分が含まれていないという最新のデータがあることです。文部科学省の発表している「日本食品標準成分表」2010年版には100g当たりに55mgも含まれていると記載されていましたが、2015年版ではひじき自体には100g当たりにわずか0.3mgしか含まれていないと読み取れるデータになっています。

参考. 日本食品標準成分表2010

日本食品標準成分表2015年版(七訂)  

 まとめ

貧血を起こすのは、主に女性でありその原因は月経妊娠による血液の不足です。この状態の場合は通常の食事から摂れる鉄分ではとても足りないため、サプリなどから摂取します。それ以外の状態のときに鉄サプリを使うと、基本的に鉄分が過剰に供給された状態になり、身体に大きなダメージを与えてしまいかねません。つまり、身体的に血液が足りない状態と判断されるときに鉄分のサプリを使うのが最善の使い方なのです。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU