ハチミツの種類と効果効能 / コーヒー花・マヌカ花・タイム・ローズマリー

この記事の所要時間: 59

images

ハチミツの沢山ある種類の中の代表的なハチミツ種類選び方効果を簡単にまとめてみましたので、ハチミツの種類選びに迷った時の参考にしてください。

栄養価については⇒ハチミツの栄養とその効果、効能!!                ハチミツの種類 ⇒レンゲ花・アカシア花・トチ・みかん花  ⇒ラベンダー・百花・リンゴ花・栗 ⇒そば・菩提樹・ナタネ・クローバー

sweet_21068457

ハチミツの種類

今日はハチミツの種類は下記の4種類をあげてみました!

★コーヒー花ハチミツ                                ★マヌカ花ハチミツ                                 ★タイムはちみつ                                  ★ローズマリーはちみつ

について詳しく説明と効果をまとめてみましたので参考にしてください。

ハチミツの種類 ⇒レンゲ花・アカシア花・トチ・みかん花

ハチミツの種類 ⇒ラベンダー・百花・リンゴ花・栗

ハチミツの種類 ⇒そば・菩提樹・ナタネ・クローバー

tcn_bana

種類⑤コーヒー花ハチミツ

コーヒー花ハチミツ

飲み物で有名なコーヒー。私は毎朝飲んでます。そのコーヒーの樹に咲く純白の花が、わずか1~2日で散ってしまうことをご存じでしょうか?このコーヒーの花から採れたハチミツです。開花期間が短いということは、蜜を採ることのできる期間ごくわずか。しかし、原産地の1つであるベトナムの気候では、コーヒーの花は1年中咲いており、ハチミツも季節を問わず採ることができるようです。色は濃くコーヒー色。かすかな酸味とコク、そして苦みがあり、まさにコーヒー風味。香りも、柔らかいコーヒーの香りです。コーヒーが苦手な方は…コーヒーとの相性が抜群に良く、特にアイスコーヒーと合います。砂糖の代わりにシロップとして使うとカロリーも抑えられて、午後のティータイムがさらに楽しみになること請け合い!ケーキなどのシロップとしても使えますよ。

種類⑥マヌカ花はちみつ

マヌカ花はちみつ

マヌカはフトモモ科の低木で、ニュージーランドにしか自生していない野生植物です。春から夏にかけて、マヌカの木は白やピンクの可憐な花を咲かせます。この花から採取されるハチミツがマヌカ花はちみつ、これが今話題の通称マヌカハニーです。多彩なビタミン群のカルシウム、カリウム、鉄分などを含み、日本では健康食品としてとても人気があります。このハチミツは、口や胃の中の菌を退治し、ヨーグルトと一緒に食べると、ピロリ菌を抑えると言われています。まったりとした独特の甘味で、ややスパイシー。熟成度によって味も変わってきます。ハーブのような爽やかな香りと、濃厚でこくのある味わいを持ち、ニュージーランドでは、最も高級なテーブルハニーとして珍重されており、医療機関でも使われています。色は濃い褐色で、通常でも少し固まったようなクリーミーな状態です。産地のニュージーランドでは、薬としても使われてきた歴史のあるハチミツ。殺菌力が強く、お腹の健康を考えたい人にオススメ。口の中の消毒にもGood!効果としては、胃の調子を整え、口内炎の予防、回復。お口のエチケットケア等に。

ピロリ菌の除菌でも有名ですね!

マヌカハニー摂取でピロリ菌除菌とその効果!

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

★海外養蜂歴40年以上の日本人養蜂家の天然完熟マヌカ生はちみつはこちらから★

マヌカ684x200

種類⑦ タイムはちみつ

タイムはちみつ

タイムは最古の部類に入る代表的なハーブです。シソ科の多年草で、細い茎と葉を持ち、初夏にピンクの花が咲きます。今ではハーブとしての名前の方が有名ですが、実は古代ギリシャ時代にすでにハチミツが採られていた歴史があったとか。現在もイタリアやスペインなど地中海地方でタイムはちみつは多く生産されています。どっしりとした甘味と、ビンの蓋を開けたときの、まるで花畑の中にいるような豊かな香りが特徴です。実は、チーズの中で一番硬いハードタイプのチーズに良く合います。意外に思われるかも知れませんが、塩気の強いチーズは、甘いジャムやハチミツ、フルーツと相性が良いのです。ホットミルクや紅茶、焼き菓子に使ってもおいしくいただけます。また、ギリシャヨーグルトとの相性が抜群です。タイムはちみつの香り高い甘さと、クリームチーズのような濃厚なヨーグルトがうまく溶け合って、まるで高級店のスイーツのような味わいを楽しめます。

種類⑧  ローズマリーはちみつ

ローズマリーはちみつ

ローズマリーはタイム同様、ハーブとして良く知られていますが、実は地中海を代表する蜜源の植物でもあります。ローズマリーのハチミツはイタリアやフランスで最高級とされています。ほっこりとしたやさしい甘みがあり、酸味とコクのバランスがよく、後味に軽い清涼感が広がります。ローズマリー・タイム・ラベンダーなど、ハーブに使われる花のハチミツは、品の良いハーブの香りがしますので、お菓子の香り付けにも役立ちます。お菓子作りが好きな女性の方、ぜひ隠し味としてお菓子にローズマリーはちみつを使ってみてください。効果としては、胃腸の調子を整え、痛みを和らげるなどがあります。

ハチミツの種類 ⇒レンゲ花・アカシア花・トチ・みかん花

ハチミツの種類 ⇒ラベンダー・百花・リンゴ花・栗

ハチミツの種類 ⇒そば・菩提樹・ナタネ・クローバー

★注意★

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が稀に混入している危険があり、 1987年から厚生労働省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)