寝る前にハチミツで気軽にダイエット効果

この記事の所要時間: 239

honey-picture-material_38-4422

寝る前ハチミツを使ってダイエットが気軽にできるので、ダイエットの最中の方も取り入れて更なるダイエット効果を体験してみるのはどうでしょうか?イギリスや海外で話題になっていたハチミツダイエットについてまとめてみました。

ハチミツについて

images (1)

ハチミツは様々な効果がありますが、ハチミツについて簡単にまとめてみました。

  • 強力な殺菌・抗菌作用
  • 傷口などの治りを早くする効果
  • 口内炎などの治療
  • 二日酔い防止効果
  • ダイエット効果
  • 100g辺りのカロリーは砂糖が384カロリーに対してハチミツは294カロリー
  • 栄養価も高い⇒ハチミツの栄養とその効果、効能
  • 美肌効果

マヌカ684x200

ハチミツでダイエット方法

images (1)

ハチミツを寝る前に摂取してダイエットはどの様に行うかは、寝る1時間前に大さじ1杯のはちみつを摂取することです!摂取することによって、肝臓に適度に糖質を蓄えられ成長ホルモンの分泌がスムーズになるため脂肪の燃焼されるのです、寝ている間に分泌される成長ホルモンは細胞の生成、修復、脂肪燃焼に欠かせなく、成長ホルモンの分泌に脳が使うエネルギーは肝臓に蓄えられている糖質なのです。過度な食事制限などのダイエットをしてしまえば(特に糖質を極端に制限)脳の働きはわるくなりますし、成長ホルモンの分泌に必要な糖質が足りなくなってしまいます。また糖質を極端に抑えたダイエットでは糖質の量を戻してしまえばあっという間にリバウンドです。

ハチミツダイエットをするうえである程度条件もあるのでまとめてみました。

  • 食事はバランスよく…ダイエットの基本です
  • 寝る2~3時間前には食事を済ませる…これも基本です
  • 寝る一時間前にはちみつ大さじ1杯をお湯に溶かして飲む…そのまま舐めてもいいです(重要なのがハチミツは”純はちみつ”や”生ハチミツ”を選んでください)それ以外だと砂糖など混じっているのもありあすので要注意です。
  • 夜は低炭水化物の食生活を心がける…夕食時には炭水化物類は少なめにしたり低GI値の食事をとるようにするとよいでしょう。(日中の糖質の制限はしなくても大丈夫です)
  • 質のいい睡眠をとる…不規則な生活をせず、毎日同じ時間に寝るように心がけ、6-7時間の睡眠をとるようにしてください。

★注意★

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が稀に混入している危険があり、 1987年から厚生労働省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

まとめ

ハチミツを採るだけで気軽にダイエットができるので、一度試してみると良いかと思いますし、運動などをしながらダイエットしている方ならさらなる効果があるでしょう。摂り過ぎには注意してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)