株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

グルコサミンの効能と副作用について

カテゴリー:

グルコサミン

グルコサミンは軟骨に働きかける成分ということは有名ですが、実は血液の流れをスムーズにするという効能があることはご存知でしたか?グルコサミンの持つ2つの効能とその副作用について見ていきましょう。 

グルコサミンの使い方 

グルコサミンとは軟骨を構成する多糖類であり、軟骨を始めとする体内の各組織の柔軟性に寄与しています。体内で生成できる物質ですが食材やサプリメントなどから摂取することで、より効果が現れると言われています。

軟骨の柔軟性は加齢とともに失われていきます。しかし、グルコサミンを摂取することでそれを補うことができると言われています。実際関節に炎症や痛みのある方はグルコサミンをとって回復したという話も多く耳にします。

グルコサミンのサプリメントは血行の改善による頭痛対策としても用いられています。もともとグルコサミンは頭痛薬として使われていた歴史があることをご存知ですか?頭痛の原因の一つに、血行不良による頭部への酸素供給の不調などが挙げられており、それを解決するものとして有効です。ただし、頭痛は原因が断定しづらいものですので、できれば医師にかかることをお勧めいたします。

 

2つの効能

 

  • 関節痛の改善

グルコサミンは軟骨に含まれている成分であり、体内に摂取することで軟骨の柔軟性を向上させることができると言われています。関節痛は軟骨の摩耗によって起こるので、グルコサミンを摂れば関節の痛みも軽減されます。

  • 血小板の凝集を抑える

血液の凝固を防ぐことで、血液の流れを良くします。すると、冷えや肩こりなど血流の滞りによって起こる症状を改善することができます。

効能

 グルコサミンの副作用

グルコサミンは元来体内に存在している物質のため、安全性の高い成分と言われており基本的に副作用は起こらないと言われています。しかしグルコサミンの持つ成分や効能が、体質や服用している薬と相反するおそれもあります。  

まず甲殻類アレルギーのある人方は注意が必要です。グルコサミンを含むサプリメントが製造される際には、カニやエビに含まれているキチンという物質が使われます。そのため、これらの食材に対してアレルギーのある方は服用する際に注意書きを読むなどして判断しておきましょう。

また薬を使っている場合も同様です。

グルコサミンには血液の凝固を阻止する作用があり、その作用を持つ薬と併用すると著しく血が固まりづらくなることがあります。特にワーファリンなどの血液凝固阻止剤を使っている場合は、必ず医師と相談してください。確認をとるようにしてください。高用量のグルコサミンとコンドロイチン硫酸の併用により、ワルファリンなどの作用を強めて止血作用が働かなくなったり、出血を引き起こす可能性が指摘されています。

糖尿病や糖尿病の予備軍、あるいはそれと似た症状が見られる方も事前に相談が必要です。グルコサミンは糖の一種なので、血糖値をコントロールするインスリンが効きにくくなる可能性があります。糖の摂取に制限がある症状があるときにグルコサミンを使うのは専門家に相談することをおすすめします。 

上手く使うには

 グルコサミンはサプリメントなどの健康補助商品として売られているため、医学の知識のない一般の方々でも使用することができます。しかし、ワーファリンなどの血液凝固を妨げる作用のある薬との併用には要注意であることなど扱いには気を付けなくてはなりません。またサプリメントも医薬品と同様に使う際の方法や量を守らなくてはなりません。グルコサミンは特に過剰症例や欠乏症例のない栄養素ですが、どんな栄養素でもとりすぎると何らかの症状が出る可能性は十分あります。少量では発現せずとも、量が増えると発症することも有り得ます。

健康補助食品といえども、使用する際には注意書きをよく読み、できれば医師などの専門家に相談しましょう。

合わせて読みたい:『肌に良い効能を持つグルコサミン

効能


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU