冷え性にイチョウ葉エキスが効果的

この記事の所要時間: 346

イチョウ

イチョウ葉エキスは血行を改善するので有名かと思いますが、血流を良くすることからイチョ

ウ葉エキスには冷え性の改善にも効果的です。そんなイチョウ葉エキスについて纏めてみまし

た。

冷え性

冷え性とは、女性に多くみられますが男性にも起こる症状で、割合で言うと女性の方が多い症

です。冷え性に悩む女性は多く、冷え性が原因で不調を訴える人は多くみられます。

主な症状としては、手や足、腰、腹部など、特定の部位だけが常に冷たく感じる症状です。原

因は様々な原因がありますが、最も多いとされるのは自律神経の乱れが原因と言われていま

す。冷え性の症状を甘く見ていると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞につながりかねません。ま

た、冷えは不妊の原因ともなります。そんな冷え性ですが、現代人にとって冷えがこうも当た

り前のように抱えている症状になってしまったのはなぜでしょうか。それは、不規則な生活に

や、日頃のストレスや運動不足が主な要因です。それらは体の血液の流れを悪くします。ま

た、冷房によるものも大きいでしょう。実感されている方も多いと思いますが、冷房は手足を

冷やします。体の末端まで血液が行き届かないことによる血行不良は冷え性と深い関係があり

ます。冷え性は”身体の不調”や”病気のサイン”とも言われていますので冷え性の人はほったら

かしにせず早目に冷え性を改善するのをお勧めいたします。

○冷え性に効果的

冷え性改善にはイチョウ葉エキスがおすすめです。

イチョウ葉エキスにはファイトケミカルの一種「ギンコライド」とポリフェノールの一種「フ

ラボノイド」といった成分が含まれているのですが、ギンコライドには血行促進の効果があり

ます。血液をサラサラにして血流を良くし、さらにそれには血管拡張作用もあります。手足に

流れている血管は細く、体の中心部に比べて血液の流れが悪くなりやすいです。

ギンコライドにはそうした部分にまでサラサラ血液を流すようにする作用があるのです。冷え

性だけでなく肩こりや貧血、動脈硬化の予防にも効果的です。

ギンコライドのもう一つの効果に血小板活性化因子を抑制する働きがあります。血小板活性化

因子は、血液中の血小板を集めて血を止める役割をします。

ケガをした際、時間がたてば血はとまりますね。これは血小板活性化因子が働いてくれている

証拠です。ただし、働きすぎて血液中に血栓をつくる場合があります。

偏食により血液がねばねばと粘性をもてば血栓ができやすくなります。脂っこい食事が好きな

人は要注意です。イチョウ葉エキスのギンコライドは血栓の防止にも効きます

サプリ

○摂り方

ギンコライドはどのようにして取り入れたらよいでしょうか。ギンコライドはイチョウの葉特

有の成分です。また、イチョウの葉がもつもう一つの成分「フラボノイド」と一緒に体に入れ

ることでより高い効果が期待できます。

イチョウの葉エキスを自分で摂取することは難しいです。お茶にする方法が紹介されることも

ありますが、あまりおすすめできません。イチョウの葉にはギンコール酸という体に害のある

成分も入っているからです。

ギンコール酸はアレルギーを引き起こしやすいもので、その除去方法は素人には簡単ではあり

ません。市販のすでにギンコール酸が取り除かれているサプリメント等を摂取するのが一番手

っ取り早くて安全だと思います。

イチョウ葉エキスの摂取の仕方は、決められた分量を数回に分けてとります。一度に摂取する

と、時間の経過とともに体の外へ排出されてしまうので効率が悪いです。イチョウの葉エキス

が体に最もいきわたっている状態は、摂取後1時間といいます。

イチョウ葉エキスは海外では医療薬として動脈硬化症はもちろん認知症やアルツハイマー病の

治療に使われています。

まとめ

イチョウ葉エキスは日本では医薬品としては、まだ認可されていないので、サプリメント等の

健康食品として取り扱われているのが現状です。しかし、これほど体に良い成分が豊富なわけ

ですから、今後はもっと利用の幅が広がる可能性は高そうです。逆に医薬品と認定されていな

いので購入しやすい点はあるかもしれません。冷え性等が気になる方はお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加