認知症にイチョウ葉エキスが効果的

この記事の所要時間: 253

イチョウ

イチョウ葉エキスを知っていますか。イチョウの葉から抽出されたエキスで、様々な効果があ

ると言われており、その効果の1つの中に認知症にも効果があるようです。そんなイチョウ葉

エキスの認知症への効果を纏めてみました。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスとはイチョウの葉を乾燥させてアルコールで抽出した物がです。

イチョウ葉エキスにはポリフェノール一種の「フラボノイド」とファイトケミカルの一種「ギ

ンコライド」が含まれています。この2つは、

血管を強くしたり血液の流れをよくする働きをします。

血流を良くするということは体の隅々まで栄養をいきわたらせること。それすなわち、忙しい

現代人のからだを蝕む生活習慣病やがんの予防に効果的です。

イチョウ葉エキスはそれ以外にもさまざまな体の不調を緩和する働きを持っています。ここで

は、特に認知症緩和について書いています。

○認知症に良い理由

イチョウ葉エキスには血流をよくする働きがあると言いましたが、脳の血流をよくすることで

酸素やブドウ糖を効率よく運ぶことができます。

イチョウ葉エキスは集中力や記憶力を高める働きをするのです。

脳血管性認知症は脳の血管障害によっておこる病気です。それは、脳出血や脳梗塞によっても

おこりえます。その症状は記憶障害と認知障害。高血圧や糖尿病、心疾患の人は特に注意すべ

き病気です。

血管を強くするイチョウ葉エキスは脳血管性認知症の予防や症状緩和に効果的です。

さらに、イチョウ葉エキスの含まれる「ギンコライド」短期記憶をつかさどる部分の動きを良

くするアミノ酸を増やす働きがあります。

また、アルツハイマー型認知症はアミロイド-βというタンパク質が脳にシミをつくることが原

因といわれています。イチョウ葉エキスはアミロイド-βというタンパク質を抑制します。

認知症にイチョウ葉エキスが良いといわれる理由は、こうしたさまざまな働きを持っているか

らです。

suppliment

○摂取の仕方

イチョウ葉エキスが認知症に良いなら、日頃からたくさん摂取したいと

考えている人も多いと思います。

しかし、イチョウ葉エキスは1日の摂取量が決まっています。健康維持のために摂取するので

あれば1日120mg、すでに何らかの症状があらわれていてその改善のために摂取するなら

1日240mgです。

なおかつ、一度に摂取することは良くありません。イチョウ葉エキスが一番良い状態で体内に

とどまっているのは、摂取してから1時間後といいます。その後は徐々に排出されていきま

す。

1日の摂取量をはみ出さない程度に、数回に分けて摂取し続けるのが効果的です。

まとめ

血流を良くするという働きから、認知症をはじめその他さまざまな症状の緩和が期待できるイ

チョウ葉エキス。しかし、その摂取の仕方や摂取量を間違えるとアレルギーを引き起こすこと

もあります。

その一方でイチョウ葉エキスの効能は、素晴らしいものであることは確かです。正しい摂取の

仕方を守り、健康維持に役立てたいですね。海外の数十カ国ではすでに医療薬として利用され

ています。日本では、まだ認可が下りていませんがその効能に大きな注目が集まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加